ダメだった…

 昨日は休みだったということで、家の中で星新一のショートショートやら、枯木灘なんかを読んでいたんですがね、なんかね、朝からどうも引っかかっていたんです。

 その『何が』というわけじゃないんだけど、どこか違和感があって本を読むのも集中できなかったんです。

 そんでね、ちょっとネットで賃貸物件でも見てみましょうかとクリッククリックしておったら、前にここに書いた87万の一軒家の物件が出てきたんです。

『もう売れたんだから、いつまでも載せてちゃダメね』と思ったんですが、やっぱりそこで変な違和感。

 こりゃ、もう一度この不動産屋に電話して、この物件は本当に売れたのかを確かめようと思ってね、しつこく電話したんす。

 そしたら前に掛けたときと同じように、中年のおばちゃんがはいもしもしと言いまして、俺は87万の物件ってまだ売れてませんかー? って聞いたらば

『いや実は一度売れたんだけど、そこの人がすぐに手放すって言うんで、まだ売りに出してます』という返事。

 OH~。なんて偶然だ。これは俺に家を買えってことなんだと判断し、急いで風呂に入って何やらかんやらと準備をしてね、不動産屋へ車をビャーっと飛ばしたんです。

 地図をもらってさ、迷いながら目的の物件に到着。

 ほほぅ。さすがに大きいね。これで87万ならやっぱり買いでしょうと中に入ってフンフン言っておったんです。

 ただね…。

 たださ…。

 とにかく、道が狭くてよ、こんなとこで商売なんか出来るわけねぇじゃんって場所なんです。

 当初は場所なんてどこだって良いわ。安いとこなら良いじゃないって思っていたんだけど、その辺一帯は信じられないくらいの道の狭さで、一方通行じゃないんだけど、車は一台しか通れませんってとこなんよ。

 そんなわけで、その物件は諦めることに。

 結局、借地料も取られてしまうしね。

 で、もう一軒の候補があって、『ここなら良いなぁ』って思っていたとこがあったんす。

 もうかなりのボロ家で、ペンキとか剥がれているんだけど、1階を店にして2階に住めるようになってるんです。

 ただ、どこにも借家という文字が見えなくて、えぇいめんどうだと近所の家でピンポンピンポン。

 誰もいないなと思っていたら、近くで柿を採ってるおっさんがいて、すみませんここの持ち主って誰っすか? 借りたいんですけどと話をすると、そのおっちゃんはこう言いましたよ。

『いや、人住んでるよ』

 ワーォ。

 ここに人住んでんのかよ? ってことで撃沈しました。

 その家の写真↓

 引越しはまだまだ先になりそうですね。

 ただ、11月25日から富山県の市民プラザで開催される『クラフトフェア』と、今年の末から来年初旬までの間に富山、高岡、金沢で開催される展示会には参加させてもらうことになりましたっす。

 あ、そうだ。

 また宣伝でーす。

 来年の話になりそうですが、今回のカレンダー同様にうちの商品を多めに作らせてもらえることになりました。

 今のところ決まっているのが、Tシャツとタオルです。いつなのかはまだ詳しくわからないですけども、ここでも売り出します。

 Tシャツどうっすかなー? と。

 

 ↑こんなのをプリントしても売れないでしょ?

 こいつの名前はね、『鳥人間コンテスト』っていうやつです。

 さて。

 また物件を探しますかねーと。

特に書くことがないので、宣伝でもしときます。

 どうもこんにちは。

 富山の愛の狩人、ラブスナイパー山田です。

 どうも。

 今日は特にこれといって書くこともないので、簡単に宣伝させてもらいますっす。

 今日発売?の『TJ』のですね、開いて5~6ページくらいのとこだと思うんですが、うちの商品を載せてもらってます。

 まぁ、HPの方にも載ってるのでアレなんですが、興味のある方は買ってみてください。

 それとかなり、というか1ヵ月後の宣伝になりますけど、来月発売の『TJ』にも掲載されまっす。
 それはうちの商品とかではなく、ただ僕が本のレビューを書いてるというだけのものなんで、暇つぶしに探してみてください。400字ちょっとくらいの短い文章なので『ふーん』って感じになりますが、それはそれでOKです。

 明日は休みなので、おじさんはゆっくり眠ります。

 今日、kinboっていう富山の靴職人の家に遊びに行ってカレンダーを渡したら、お礼に『コテ』という名の道具をもらっちゃいました。

 多分、『ちょうだいちょうだいちょうだい』ってオーラが僕の体中からモンモンと溢れ出ていて、『どうもならんなこのおっちゃんは…』って感じでくれたんだと思います。

 ありがとね。

 さーて。

 チンチンブラブラ。

楽しみだから書いてしまえ

 昼過ぎに建具家の友人が来まして、新しい店の構造とかについてかなり真剣に話していたんです。

 彼が来る前から、もうある程度僕の中ではこういった物件を見つけて、予算はいくら以内で、改装する期間はこれくらいというメドを勝手につけていたんす。
 それが果たして可能なのかどうかを尋ねたところ「うん、だいじょぶ」という返事をもらいキャピキャピしていたんです。

 彼は最近知り合ったタカっていう一つ下のナイスガイなんですが、大工の仕事もやっていたし今も現役の大工の知り合いが数人いるから、そいつら集めて一気にやっちゃいましょうということになり、おじさんはもうウッキウキなんすね。

 そんで上手い具合に、俺ったら建築のことに関してズブの素人でね「いやいや山ちゃん、それはこの予算では絶対出来ない」っていうアホなことばかり考えることが出来る頭があり、時々「あ、それ面白そう」って言ってもらえたりするんです。

 たまにさ、『頑固一徹!!』とか『この道、○十年の名工!!』みたいな言葉を勇ましげに使っている媒体とかがありますが、はっきり言ってそんなもんに対してあまり興味無いんす。

 いや、興味が無いという言い方は失礼だね。

 そのつまり、『あまり心くすぐられる要素が無い』んです。

 技術も実績も凄いって人は世の中ゴロゴロいて、それはそれでとっても凄いなって素直に思うんですが、そういった人の中に欠けているものって当然のことながら『素人っぽさ』じゃないすか? この素人っぽさってのがとっても面白くて、何物にも縛られていないから無理なことを平気で言うんですよね。

 でも、それってとっても楽しいっすよね。だからもう、彼とその改装の話をしているときって、俺はもうかなりテンションが上がり、時間もあっという間に過ぎ去って今日は何の仕事もしてないという状態です。

 まぁ

 いいべ(←出た。経営者失格発言)

 で、今日は元・内装屋のミャケ君がうちに来てくれるということなので、ミャケ君にもこの話をし、さーて富山で一番アホな店作りましょうという団体を僕の中で勝手に結成しようと思った次第です。

 最近思うんだけど、やっぱりタイミングってのはあるんすよね。

 その建具家のタカもそうなんだけど、最近かなりベストなタイミングで色んな知人・友人が出来ていて、今ざっと考えただけでも、大工・内装屋・建具家・不動産屋の主任・広告代理店の社長・木工所の社長・テレビの編集の人・出版社の可愛い子・グラフィックデザイナー・ウェブデザイナー・木工美人・ショットバーのオーナー・パン屋のオーナー・ケーキ作ってる子・小料理屋の娘・あぁめんどいetc…

 これだけの人が絡んでくれたら、すんげー面白くなってきそうじゃないっすか?

 元々友人は多い方じゃないんですが、今はとっても『新しい店やれ』っていうタイミングな気がするんす。

 いやー。金ねぇー。

 とにかくね、今はかなり自分一人で勝手に盛り上がってます。

 来年の夏には完成させるので、とにかく皆さん遊びに来られ。

 新しい店のテーマはズバリ

【あんたの悩みとか用事とかはまぁ良いからさ、とにかくうちに遊びに来てよ】

 です。

 地元から愛犬も連れて来るつもりなので、バカな店にしちゃいまっせ。

 ウッヒョヒョー

秋だ 秋だ 秋だ

 今までずっと封印してきました。

 ぐぐぐっと我慢し続けてきました。

 でも

 季節はもう秋。

 そう

 食欲の秋。

 読書の秋。

 スポーツの秋。

 そして

 ウンコの秋。

 さて、本日もレッツ・ウンコ。

 僕はこれを読んでいる女性陣に比べると、圧倒的に勝っているものがある。

 それは

「男性用トイレでウンコをする」 ということである。

 いや

「男性用トイレでウンコをする」 ということであーる。

 特に今の店を始めてからというもの、僕の主な戦場は向かいにあるスーパーのトイレである。そこで執り行う脱糞というのは、業務上においてすでに欠かせない日課となっており、店に出ている日は確実にウンコをコンニチワさせているわけだ。つまり、僕のようなショボイ自営業者にとっての朝夕の必須業務。

 もっとわかり易く言うならば

 タイムカードならぬ、タイムウンコだ。

 そして時々、その日課ウンコをしているとき、隣から声が聞こえたり、笑ってはいけないメロディーなどが流れ込んできたりする。

 ※そろそろかなり具体的なウンコの話になります。これを読んでいる純情ガールの皆様は、「戻る」ボタンを押して立ち去ることをオススメ致します。

 それは昨日のこと。

 僕は昼過ぎにゆっくりとウンコをしていた。

 すると、トイレの入り口のドアが勢い良く開いたような音がして、僕の隣のウンコ用トイレに何者かがダッシュで入り込んだ。

 カチャカチャ

 というベルトを外すような音の後、その男は一言

「チッ」 と舌打ち。

 きっとウンコしたいのに、なっかなかベルトが外れない様子。

 カチャカチャ

 多分、外れた。

 そしてその後

 ンバッ!! ベベベ!! ベリベリ!! ファーファーファー ナパッ!!

 そんな小さな恋のメロディー。

 隣の男は、多分僕が隣にいることを気付いていないのだろう。

 小さな独り言。

「ヨシ」

 一体、何がヨシだったのかはわからない。でも、僕も家でウンコするときに時々そんなことを言ったりするので、ただ僕はニヤリ(←気持ち悪い)

 問題はその後だ。

 僕は必死に笑いをこらえた。

 なんと

 薄い壁一枚挟んだ半裸の男の携帯電話が、突然鳴り始めたのだ。

 着信音は

【ジングルベル】

 季節先取りも甚だしい。

 そこで僕はかなり堪える。

 そして普通であれば、【切】ボタンを押すだろうと考えたのだが、隣の男は半裸のまま電話に出たのだ。

「もしもし!!」

「あっ、いつもお世話になっております」

「…。ハイ」

「…。えぇ」

「…。あ、かしこまりました」

「…。今ですか?」

「えぇと、今はですね…。あのー」

「車の中です」

僕 「(エー??)」

男 「えぇ、大丈夫ですよ。今、駐車場に停めてますので。…ハイ」

 嘘だ。嘘つきだ。いや、ライアーだ。

 駐車場? ここが? あなた車の中でケツ出してんじゃない。 それに 「ヨシ」 って言ったばかりじゃない

 僕はそう思って、一人で肩を震わせ、笑うな笑うなと悪魔の呪文を自分に唱える。もうここまできてしまうと、出るに出られないのだ。

 そして男が電話を切る。

 やっと解放だ。僕はこの戦いに勝ったんだ。

 そう思った瞬間。

 男は

 言った。

「あれ?」

 気になる!! 彼は一体何について 「あれ?」 と思ったのだ? しかも声にまで出したということは、かなり 「あれ?」 な出来事が起きたはずだ。

 一体何だ?

 その答えが

 プゥ

 という 屁。

 僕は、たまらず、ブフッ!! と吹き出した。

 トイレ内に一瞬の静寂…。

 どちらが先に出るべきなのか…。

 僕らは縄張り争いをするかの如く、相手の動きを探りあった(チンコ丸出しで)

 すると

 ここでミラクルが起こる。

 また隣の男の携帯が鳴り始めたのだ!!!

 僕は今だと瞬時に判断し、あんなことやこんなことをして目の前にあるドアの鍵を急いで開けた!!

 扉を開けると

 男と目が合った。

 携帯で話している30代半ばのおっさんと、吹き出してしまった僕。

 お互いに闘いのオーラ発しつつも、ここでひるんでは負けだと僕は悠々とした態度で洗面台の前に立ち、手を洗って外に出た。

 出会いの秋。

 その後、この男と僕は再会することになる…!!!!

 つ づ く

美和っぺん

 美和っぺからきたバトン。

 いや、ヴァトン。

 
☆マイミクは何人ですか?

23人

☆そのうち男性は何人で女性は何人ですか?

男性→7人
女性→16人

☆会ったことがあるマイミクは何人で会ったことがないマイミクは何人ですか?

ある→8人
ない→15人

☆会ったことないけど会いたいマイミクは誰ですか?

 まどかっぺと美和っぺの新生肉団子コンビ。

 でも会ったことはないけど電話したことはあるって人、結構多いよね。しかもかなり前から。

☆一番最近マイミクになったのは誰ですか?

 かおりっぺ。あなたが好きです。

☆mixiに招待してくれたのは誰ですか?

 今回のはあやんぐ。前回はサキだっけ?

☆マイミクの中で一番古くからの知り合いは誰ですか?

 ケースケ&ジーコのラーメン馬鹿コンビ

☆日記の更新が頻繁だなって思うマイミクは誰ですか?

 マイミクの中では、ざっきー?

☆もうちょっと日記を書いて欲しいなと思うマイミクは誰ですか?

 俺のマイミクの人。みんなあまり書かないね。ってか、俺書き過ぎ。

☆日記が一番面白いと思うマイミクは誰ですか?

 俺(←ウゼー)

 自分の日記読み返して笑ってますけど、うざい?

「ハゲマンとミシン油」かなり好評みたいです。

☆一番マイミクが多いマイミクは誰ですか?それは何人ですか?

 もとき。

 378人だと。すごいねこりゃ。

☆マイミク申請はするのとされるのとどちらが多いですか?

 する方。ここんとこ友人の友人ばっかだよね。

☆尊敬しているマイミクは誰ですか?

 基本的に人のことを尊敬したりしません。だって俺、性格悪いもん(開き直り)

 ただ、マイミクの人は専門職の人がかなり多く、自分が出来ないことを出来る人には 「すげーなー」 って素直に羨望の眼差しは送ります。

 でも羨望と尊敬って違うよね? なんか尊敬してしまうと、「完敗」みたいで嫌です。基本、気持ちだけは勝ちたいタイプです。でもほとんどのことに対して中途半端です。

☆マイミクの中で一番可愛い(かっこいい)マイミクは誰ですか?(男女ひとりずつ)

男→ハンマー。
 あんたは顔出さないように。いきなりマイミク増えるよ。

女→散々迷って、チッチ!!
 やっぱりあんた綺麗じゃ。「○○って本当可愛いよねー」っていろんな女性に言いましたが、それは嘘じゃないです。ただ、その、ね? 文句あるならチッチの顔見てみろ。本当綺麗じゃ。身長俺より高いし

☆一番おしゃれなマイミクは誰ですか?

 全員に会ったことないので何ともね。

 実際に会った人なら、ざっきー。

 派手なパンツ履いてるのは、まどかっぺ(イメージ)

☆一番最近会ったマイミクは誰ですか?

 イワタキのリエちゃん。なんか面白いオーラの人です。なんていうかね、いつもお花畑の近くの畑にいそうな感じのオーラ。

 わからんってな。

 えぇ子じゃってことです。

☆一番最近メールを送ったマイミクは誰ですか?

 とみこんぐ岐阜かな?

「今日も可愛いね」と。

☆一番最近電話したマイミクは誰ですか?

 イワタキのリエちゃん。来月アレお願いします。

☆次に回すマイミクは誰ですか?

 ブタゴリラざっきー。

 なんだかここんとこ、まどかっぺをイジる傾向にあります。

 紳士的に振る舞います。

 12月。恐らくブログの更新はほとんど出来ません。

 12月中はバイトが毎日あるらしく、大袈裟じゃなく寝れません。

 死にます。

 今月と来月のこのブログをお楽しみ下され。