仕事納めでビバ、今年。

 2006年の仕事、全て完了致しました。

 皆々様、とってもお世話になりました。どうもありがとうございましたっす。

 さてさて。

 バイト先のママさんに事情を話し、来年の1月末日をもってバイトを辞めさせてもらうことになりました。まだ残り1ヶ月あるのに時期尚早ですけども、とっても良い職場でした。

 いろんな会社の経営者の方々と知り合いになれたし、山田くん、商売は甘いもんじゃねぇんだよらっしゃいということも色々と教わりました。
 髪ボッサボサで、ヒゲ伸びてる状態で面接に行き、それほど料理も上手く無いけれど頑張りそうだからという理由だけで、俺を拾ってもらってとっても感謝してます。

 ありがとうございました。本当に。

 来年の2月頭から、広告代理店で働かせてもらうことになりまして、その会社の一番最初のメンバーに入れてもらうことになりました。つまり、素人ばかりの小さい会社で、2月に起業する一年生の会社です。社長も25歳と若い会社っす。
 面接の段階では、グラフィックデザイナーとして雇ってくださいとお願いしたんですが、正直フォトショとかイラレの使い方がよくわからんのに面接に行ってしまうというこの馬鹿さ加減。

 まず最初は営業をやってもらうことになるし、残業も余裕で21時過ぎになると思うし、雑用もかなり多いよ。それと未経験なのに大丈夫? と訊かれて

『全然、OKっす』と即答。

 今朝、電話がきて、採用になりました。

 2006年、毎年この季節に同じ台詞ばかり言っていますが

『本当に濃い一年』でした。

 でもまぁこうして、来年からどのようなスタートになるのかが決まり、目標が定まってしまえばこっちのもんです。

 まずは当然のことながら、営業成績でトップ目指します。

 やるからにはトップ目指さないとね。それじゃなきゃ、働いてる意味が無いっての。そういうのって結構燃えるタイプだと自負しているので、ゴリゴリと働かせて頂きます。

 いや、なんか楽しみさ。

 サラリーマンになるのって8年ぶりくらいです。高校卒業したばかりのサラリーマンに対する考え方と、今の考え方は相当違いますから、それをどのように行動に移していくのかが今後の自分にとって大きく左右するものだと思うんです。

 短い期間ながら経営者の苦悩とか、楽しみも一応は味わったつもりなので、『フムフム、山田くん。君、なかなかデキルね』って男になりますわ。

 組織の一部として働きながら、自分なりの計画みたいなものもかなり考えております。ミクシィ内でも新たな出会いがあり、また少しだけ視野が広がったようにも感じます。

 さてさて、2007年。 一体どうなることやら。

 元旦からのブログをお楽しみに。遂に噂のミャケ君、ミャケ子コンビが登場するかもしれません。あの2人、俺よりアホですから(それは無い)

 明日は鍋。酒。ウンコの話。

 そして『ガキ使』です。

 そんなわけで、2006年の総括でございました。

 皆さんも、良いお年を。

気付けば俺もおっさんだ

 昨晩、多分生まれて初めてお笑いのDVDを借りました。

 しかも3本。

 よっぽど現実逃避したかったんでしょうね、俺。

 だって、夜中にアハハと声出して笑ってんだもん。

 まぁいいさ、いいさ。

 昨日、フランスを一緒に歩いたドイツ人、マーコスから久々にメールが来ました。

 俺でも分かる簡単な単語でメールを打ってくるあたりが、紳士的です。

 彼、現在南インドにいるそうです。暑いよ、ミャオ(←俺のあだ名)。と自慢げでした。ミャオと一緒に歩いた一ヶ月が懐かしいよと彼は書いていました。

 昨日、お笑いのDVDを観る前に、久々に『紅の豚』を観てしまったので、『カーチスか』って分かりづらいツッコミをしました。無論、自分の中だけで。

 僕がミャオと呼ばれている理由は簡単です。

 あっちの方の方々は『カズ』という発音がとても難しいらしいので、『カッツ』と呼ばれまして、ドイツ語で『カッツェ』は猫なので、その泣き声からミャオという名になったわけです。

 ミャーォ。

 ちなみに、フランス語で『猫』という単語は

『シャ』 です。

 フランスに行ってその辺に猫がいたら、大きめの声で『シャッ』って叫んでください。まわりにいるフランス人達はきっと、「『猫っ』って言ってるよ、あのアジアのパピヨン」って思います。

 そんなこと、どうでも良いですよね。

 えぇ、俺もどうでも良いです。

 そんなわけでもう年の瀬ですね。ですので、少しだけ真面目っぽいことを書こうかなと思います。

 俺、来年の4月で28歳です。

 働き盛りの28歳になります。

 そして28歳言えば、当然のことながらあと2年で30歳になります。

 きっとそれって、おっさんということです。

 その現実をつい最近知りまして、一時期すんごいパニックになりました。

「やべぇ…。もう28になるってのに、俺ったら…、俺ったら…、チンコとかウンコの話ばっか書いてる…。しかも、可愛い女の子が大好きだし(←これは別に悪く無い。というか、良いではないか)」

 自分の周りにいる人達も、いよいよ焦り始めています。

「このままで良いのか、俺?」

 って考えている人が結構多いです。

 そこでやっぱり俺も色々と悩みまして、さてこれからどうしよう?となったときに、その人間の弱さというか器みたいなものが表面化するわけです。

『新しい店をやるぞ』と書いていたけれど、部屋の中で燃費の悪いストーブに当たって寒い寒いと独り言を言ってるときなんかに、ふと

「でも待てよ」と

「またあの生活に戻るのか」と思うと、正直とても怖かったというのが本音だし、でもそれ以外に自分は一体何を出来るのかと考えると、実は何も出来ないじゃないという現実もこれ相当に怖いものです。

 そうなると、実際にはイラつくほどのポジティブさが、怖い怖いという感情にパックリと食べられて、暗黒世界に突入するわけです。
 全然ジェダイになれないじゃんとグィグィ足を引っ張られるわけです。

 そうなると怖いの何のって。

 怖い怖い。

 でも結局のところ、自分の目指す将来というのは一貫しているわけで、そこに立ち戻ってから胃に穴が開くくらい考えてみようという結論に達したわけです。

 すると

 ほーら大丈夫じゃない(←コレね。イラつくほどのポジティブさ)

 自分の中で、まずは建設的に物事の優先順序を組み直すということから始めると、案外落ち着きを取り戻せたわけです。

 今までの優先順位は

1.可愛い女の子に「可愛いね。でも俺の方がもっと可愛いけど」って言う。

2.可愛い女の子に「コラコラ☆ そんなにくっ付くなって☆」って言う。

3.可愛い女の子に「ウフフ☆ 和史ったら、まーた照れちゃって☆ そんなとこが ス キ ☆」って言われる。

4.可愛い女の子に「コイツゥ☆(コツン☆)」って言う。

5.可愛い女の子に「ねぇ和史☆ 一緒にスキップしましょ☆」って言われる。

6.可愛い女の子に「何言ってんだよ。もうスキップしてるだろ☆」って言う。

7.可愛い女の子に「え? どういうこと?」って訊かれる。

8.可愛い女の子に「俺はずっと、君のことが スキップ☆」って照れて言う。

9.ベッドイン

 だったわけなんですが、その優先順位を変えました(次からは真面目に書きます)

1.時間と金に追われるんじゃなく、彼らと仲良くなりましょう。

 つまり定期的な収入を確保して、資金繰りに振り回されるなということね。『貧すれば鈍する』という言葉が身に沁みたので、これを改善しないとどんどん流されていくなと思ったわけ。
 結局、新しい店をやるにしても当たり前に金が必要になってくるので、地道に貯金残高の数を復活させるしかないねということです。借りるという手もあるけれど、そんなことをしてしまったらまた時間と金に追われることになってしまいます。

2.サポート体制に入りましょう。

 僕という人間は『実力と自分の意見が無いにも関わらず、自己顕示欲だけは強い』というタイプだということが明確にわかったので、一歩引いてからみんなの動きをサポートする立場になろうと思ったんです。
 横浜の姫君こと、チッチは来年色々な媒体に登場してとても忙しくなるみたいだし、新潟の天才ことカネコモトキは絵本を出版するみたいだし、北海道のドスケベことケースケは独立するっぽいし、北のチンチンこと、ジーコもサプライズを起こしそうだし。M・B・キクチ&ざっきーのオッパイコンビの動きもあるし。

 そんなわけで、とっても黒子に徹しようと思ったんです。彼らの活動状況を自分なりに発信出来たら良いかなと思ってますわ。ですので、来年から自分のHPのトップ更新を復活させようというアレです。

3.でもただのサポートじゃいかんぜよ

 サポートと言っても、ただただ『彼がアレします』『あの子がこうします』ってのを書くだけじゃ、読者もつまらないし、俺もつまらないんです。

 そんなわけで、HPのコンテンツを充実させなきゃイカンなこれ、ということで、山田君、無謀にもプログラミングに挑戦します。

 今までのHPは、HTMLタグとCSSのみで構成されておったんですが、PHPを基礎から学んでいこうかなと思っています。よくわからんという方は、要するに『ちょっと立派になる』と思って頂ければそれで正解です。

4.目標が多すぎると頓挫するので、まずはこの3つを頑張りましょう。

 ということです。

 そんなわけで、しばらく俺は革を触る時間が無くなるでしょう。

 来年からバイトを辞めて、昼の仕事に徹することにし、夜はパソコンとの格闘の日々に突入です。パソコンが友達になりそうです。

 よし、100均で買った『サイ』の写真がプリントされている悪趣味なマグカップで、コーヒー一杯頂きます。

 そして寝ます!!

 DVD観てから!!

年明け早々、大阪か京都か香川かどっかへ の巻

 タイトルにもあるとおり、年が明け(つまり1月1日)の夜くらいに富山を出発して、大阪か京都か香川かどっかへ車でブーンと行く計画が持ち上がっております。

 というか、自分が持ち上げました。

 目的はただ一つ、『安藤忠雄の建築を見に行くベ』です。

 富山にも一箇所だけですが、彼が設計したところがあるらしんですが、やっぱりね、どうせならね

『遠くにあるモノの方が価値がある』っぽいでしょ?

 現在の予定では、富山から一度南下して岐阜の方とかを通り、なんやかんやで琵琶湖に沿ってブィーンと走り、うまい具合に大阪について『光の十字架』を見て、どっかに泊まって北上して、京都に入ってから比叡山とかその辺に行き、来たときとは逆側の琵琶湖に沿ってブィーンと北上してから、福井とか石川を通って富山に着いて良かったね☆ ってのが、その、アレです。

 ただまぁ、この計画があるのは結構なことなんですが、そこで問題が発生するわけです。

 その問題は

 ずばり

『テンション』です。

 大晦日はミャケ君達と一緒に鍋食って、ビール飲んで、下ネタで盛り上がって(←ミャケ君だけ。俺はノータッチ)、ブクブクと太って、ハイ、新年明けましたおめでたいということになりましてね、そっからまた鍋食って、ビール飲んで、酔いつぶれたミャケ君にそっと毛布をかけてあげる(←優しいべ?)というのが年末年始の行事なんです。

 そんで、朝方に眠ってアルコールが抜けましたよとなったら、ブィーンと右折左折を繰り返すことになるんでしょう。

 さて、その時のテンションは如何に? という感じです。

 1泊2日か2泊3日を予定しているんですが、とりあえず4日から仕事が始まってしまうので、それまでに上手い具合に富山に居ないといけないもんね。

 さぁどうだ

 さぁどうだ

 さぁさぁさぁさぁさぁどうだ

 つってね☆

 ご飯が炊けたので、卵ぶっかけご飯をやっちゃいます。

 あ

 醤油無いんだ…。

 白米のみで頑張ります。

 いえ、頑張りません。

 白米だけは

 ダメ

 ゼッタイ

吉野家における男性一人客の法則

 僕は吉野家が好きだ。

 僕の住んでいるマンションの近くにも吉野家があり、大体一ヶ月に3回は足を運ぶ。

 ブログに『吉野家が好きだ』と書いているにも関わらず、月3かよっていう突っ込みに耳は貸さない。でも、好きなのだから書くのである。

 以前まではいつも『鶏丼』を食っていた。だが恐らく採算が取れないのであろう。だって『並』しかないんだもん。でも、その『並限定』というのもどういうわけだか男心をくすぐるのだ。その『並』という小さな宇宙(コスモ)の中で北海道出身、寒さに弱い山田和史は一人ウヒヒと微笑むのだ。

 しかし、ある日突然『僕の鶏丼』は姿を消し、あまり怒らない僕もこのやろうと思いはしたが、豚キムチ丼も美味いのでそれはそれでOKというスタンスになった。

 いざさらば

 さらば

 鶏丼。

 そんなわけで、今日も吉野家に行った。

 23時過ぎ。

 店内には一人で来ている男性客ばかり。

 そこで僕は、一つの法則を見つけたのだ。

 是非皆さんも、この法則を見て、明日にでも見に行って欲しい。これはかなり確率が高いのだ。

 その法則とはこうだ。

 吉野家に一人で来る男性客。

 その約90%は

【箸の持ち方がヘン】

 である。

 時々、箸をスプーンのように使う者もいるし、なぜそこに指を突っ込んで箸を使えるんだ?という者もいる。

 ただまぁ、左利きの僕が人様の箸の持ち方云々を語るのもおかしいが、やはり見ていて良い気はしない。

 なぜなら僕は

【他人には極端に厳しい男】だからである。

 いつもは可愛い女の子がどんなことをしても大概は大らかな気持ちで

『ウンウン。可愛いからおじさん何でも許しちゃう』と思うのだが、箸の持ち方がヘンな女性はなんだか寂しい気分になってしまう。

 本当に、箸の持ち方、使い方、メシの食い方というのは、僕の中の【女性にはこうあって欲しい】という願望、要求が強い部分である。その為、女性とご飯を食べに行く機会があると、僕は必ずその女性の箸の持ち方をガン見する。

 そしてそれが僕の理想に沿ったものであれば

『箸の持ち方綺麗だよね。女の人の手先の使い方って、実はとっても魅力的なものだよねー』的な発言をしたりする。

 この台詞で、女性の心をも掴むのだ。

 箸なだけに(←ヘタ)

 きっと、世の男性の2割は女性の箸の持ち方にうるさい。

 だから、今からでも遅くない。

 女性の皆さん。箸を美しく使ってください。努力次第ですぐに直せるはずです(←他人には厳しい)

 でもまぁ

 可愛ければ良いか。

 良いよね? 『すけべ』で名を馳せているケースケ君、onogi君。

 以上

 橋 幸夫でした。

そうそう、それと…

 ちわっす。肩の荷が下りてまた更新です。

 えーと、年賀状書きます。

 例のポストカードで書きますんで、送ってくれーという方はinfo@blandus.netまでよろしく哀愁してください。

 ちなみに、女の子宛のものには字を小さく丁寧に書きますが、チンコマンな男性の方々には極太サインペンで哀愁します。

 バイト行ってきます…。

 山ちゃん頑張ってね☆

 ハーイ