そろそろ現像せにゃならん

そろそろ現像せにゃならん

写真のストックが無くなってきたので、そろそろ現像せにゃならんなぁと思っているんですが、どうにもやっぱり沖縄に来てから外で写真を撮る機会が減っていて、原因は「暑さ」が大きいのかなと。

沖縄に来てから、「沖縄の夏の日差しはすごいよ」と何度も聞かされてはいたんですが、実際に本当に刺さるみたいな光の強さで、半袖で1時間くらい走っただけなのに結構肌が赤くなったりして、やだぁ、シミになっちゃーうとか言ってみますが、そんなこと言っても嫁はピクリとも笑いません。

沖縄の太陽の日差しと、嫁の僕への眼差しが僕をどんどん弱らせるのです。 

沖縄に来てからウィスキーの美味しさというものを知り、ついに僕は大人の仲間入りをしたんですが、美味いことがわかっても決して酒に強くなったわけではなく、飲み方に気をつけないとダメっすね。

あと、酔っ払って女性に鼻くそをつけようとしたら、本当に悲鳴を上げられるということも知りました。

そんな36歳。
明日も顔を脂ぎらせて頑張ろうと思います。 

パルミラ通り

パルミラ通り

義父母さんたちとコザの中心部を散歩。
写真のここはパルミラ通りというところで、前に店をやっていたところを見に行ってきた。

現在あの物件は知り合いの山本さんって人が借りているんだけど、雨漏りがひどいらしくて2日店を閉めていたらかなり中の物がカビたり、びろんびろんになったらしい。

「山田さん、良いときに出ました。多分あれ、革だったら全滅だったんじゃないすか」と言われ、ヒーッとなった。 

沖縄方言あるある

沖縄方言あるある

沖縄に来てから、まぁ本当に方言が特殊だなと思って、全く日本語とリンクしない言葉が多々あり、焼き鳥屋とかバーとかに行ったときにお店の人とかカウンターに座った常連さんと話をすると、会話の中で全く聞き覚えのない沖縄弁が結構出てきて、その都度どの人も「えーと、これ日本語でなんて言えば良いんだろ?」って悩み、あぁそうか、えーと〇〇って意味、と教えてくれます。

ただ、そのことをジュリーとピラエちゃんに話していたときに、そういや500のヒーローさんが「田舎者」という意味の沖縄弁を何日か前に教えてくれていて、ただそれを沖縄弁でなんて言うんだっけ? と僕は思い出せず、「多分だけど、『いなかー』だったと思う」といっても、二人にはそれが伝わらない。

え、ヒーローさんの地元とジュリー、ピラエちゃんの地元が違うから伝わらんのかな? と思ったら、ジュリーが「あぁ、そっか、「いなかー↘」 じゃなくて、「イナカー↗」ですよそれ」と言われ、もうその辺のイントネーションの違いだけで伝わらんのかいって言葉が結構あり、僕はでーじワジワジしました。

あ、すみません、とてもイライラしましたって意味ね(←沖縄人ぶってる) 

それと、前述の通り日本語とまったくリンクしない言葉で、「先輩」のことを「シージャー」と呼ぶんだけど、なんかその辺の【言葉を伸ばす】のと【やけに「じゃ」「じゅ」「じょ」の言葉が多い】ってのが僕の中で混ざってしまい、先日嫁と話していたときに、嫁が「今日はあの店、何のお通しが出たの?」と訊かれ、僕は得意げに「あぁ、そこではシージャーが出たよ」と答えました。

嫁は「シージャー?」と眉間にシワを寄せて言うので、僕はあーらあらあら、嫁ったら全然沖縄のこと知らねぇんだからみたいな顔で、「うん、美味しいよ。シージャー。そっか、まださきちゃんにはわからんかな。えーとなんかね、あのあれ、おじやみたいなやつ」と答えたら、嫁は何回も鼻毛を抜こうとして失敗し続けている小学生を見るような顔で僕に言うのです。

いやそれ、ジューシーだから。しかもそのおじやみたいなやつは、ボロボロジューシーね。 シージャーて…先輩って意味だしそれ。 うけるw

みたいなことを言われ、僕は、でーじワジワジしました(←しつこい)

写真はホテルの屋上で跳び蹴りをする嫁。

3日に1回くらい、僕はこれをくらっています。 

義母さんのミス

義母さんのミス

義父さん義母さんと一緒に古宇利島へと向かい、帰りにその橋の近くにあったフードコートみたいなところでご飯を食べることになった。

嫁の姉、リョーコが沖縄好きらしく、こっちに来る前に「タコライス美味しいがいぜ。ほんと、タコライス美味しいがいぜ。」と何度も義母さんに伝えていたらしく、じゃあリョーコがあれだけ言うんだからということで注文。

そしてしばらくしてから店員さんがタコライスを持ってテーブルに来て、「タコライスのお客さま~」と言われたので、「あぁ、かあさんです」と僕が言い、義母さんの前にはタコライス。

義母さん、どう見ても「なんだこれ?」っていう顔。

僕は、「かあさん、それタコライス。美味しいよー」と言ったら、「うん…、でも、タコは?」と訊かれた。

「…。 タコ? いや、タコ入ってないよ。タコライスだもん」

「なんでタコライスなのにタコ入ってないの?」

「あぁ、あの、タコスのライスだからじゃないかな」

そうだ、僕はそこで思い出したのだ。
義母さんは無類のタコ好きなのだ。
義実家にお邪魔したときに、刺身好きな義母さんが一番おいしそうに食べるのがタコの刺身。

富山の食卓で、僕は「かあさん、タコの刺身好きなの?」と訊いたら、「うん」とだけ言い、タコを食べていた姿を思い出した。

おぉ、神よ。
多分きっと、この話に悪者はいないのだ。

リョーコは義母さんがタコライスを知っている前提でタコライスの美味さを義母さんに伝え、義母さんは自分はタコが好きでそのことをリョーコも知ってるから、タコライスってのはタコ飯なんだと判断したはず。

ガッデム、いやそれなら義母さんがタコライスを頼んだ時点で、僕は「お、かあさん、タコが好きだからってタコライスなんか頼んじゃってー。タコ入ってないのにー、もーぅ、このこのぉ」みたいなことを言えば、きっと事態は良い方向に向かったはずなのに。

俺のばか。あ、ばかばか。

そんなことを思いながら、僕は義母さんがタコライスを食べる姿を見ながら、カレーを黙々と食べたのでした。 

台風来なかった

台風来なかった

台風に関してほぼほぼ無知な僕ですが、今回の台風12号(多分12号)は沖縄にはあまり影響を及ぼすことなく、東側を通過したみたい。

ジュリーには念のため14時くらいに帰ってもらい、僕と嫁は台風祭りだと行って買い物に行き食べ物をある程度溜め込んでみたんだけど、特にその必要は無かったみたい。

あぁ、台風が来るたびに太る。
どうにもヘクトパスカルは僕の満腹中枢を狂わせる働きがあり、とにかくずっと腹が減っていて食欲が止まらん。
夜にラーメンを作って食べ、一度1時間程寝て起きたらどうにも腹が減ってしまい、「さーてと、ラーメンでも食いますかね」と言ったらさすがに止められました。

明日からまた運動しよ。
だいぶオッパイが大きくなってきた。