姉との電話

姉との電話

枕詞として、「良い意味で」と付けた方が良いと思うので、一応念のために付けておくんだけど、うちの姉は良い意味でそこそこ残念なところがあって、先ほど数か月か1年振りくらいに電話があり、その会話がなかなかだったのでちょっと書いてみようと思うのです。

プルルルルル 

僕「はいはい、どしたの?」

姉「あのさぁ、メイ(姪っ子)の幼稚園バッグのさ、あのー、プラスチックみたいでプラスチックじゃないような柔らかいところの付け根のところがパキッてなって割れたんだけど、どうやったらいいかね?」

僕「えーと、なんて?」

姉「だぁからぁ(←ちょっとキレ気味で)、メイの幼稚園バッグのさ、あのー、プラスチックみたいでプラスチックじゃないような柔らかいところの付け根のところがパキッてなって割れたんだけど、どうやったらいいかね?」 

僕「いや…、同じことを繰り返してって言ったわけじゃなくて、もう謎の部分が多過ぎて全然わかんないからさ、ちょっとその、もうちょっと詳しく話しませんかね」

姉「うん、いいよ」

僕「まず、前提としてさ、俺はメイのバッグを見たことないのよ。メイがどんなの使ってるのか何も知らん」

姉「うん、そうだね」

僕「で、次に、そのプラスチックみたいでプラスチックじゃないような柔らかいやつって何? その素材が俺にはわからんし、それがどこに付いてるのかもわからんわけよ」

姉「なるほどなるほど」

僕「だからさ、まずはその、その壊れた部分の写真を送ってくれんかね。」

姉「えー。 そうじゃなきゃわかんない?」

僕「うん、わからん。何もわからん。出来ればわかってもわかってないフリしたい」

姉「こーれだもん」

僕「ただ、まぁよくわかんないけどさ、その辺のボンドでも塗っときゃ良いんじゃないの?」

姉「どんなボンド?」

僕「いや知らんけど、アロンアルファとかそういうやつで良いんじゃない」

姉「あー、あれはだめだめ」

僕「なんで?」

姉「私ね、アロンアルファ禁止令が出てるから」

僕「なんでよ?」

姉「あれってさ、すぐくっ付くしょや」

僕「うん、瞬間接着剤っていうくらいだからね」

姉「私ね」

僕「うん」

姉「あれを使うと100%指と指がくっ付くの。だからあれは全然だめ。使えない」

僕「…。 あのさ、この時点で一気に結論を言ってしまうとだね」

姉「なぁに?」

僕「わからんくてイライラするわ

姉「え、なにがわかんないの?」

僕「この会話全てと、そのアロンアルファを使えない不器用さがよ」

姉「短気ー。 短気は損気ー」

僕「うるせーよ」 

姉「じゃあわかった。写真送ればいいんね?」

僕「…うん…、そうして」 

そして姉から携帯宛に写真が4枚。

そのうちの3枚は絶望的によくわからない写真で、どこが壊れてるのか全くわからん。
その時点で(あいつ…このやろう)と、僕のイライラは急上昇し、でもようやく最後の4枚目にどこが壊れてるのかわかる写真が送られてきた。 

それで嫌々ながら電話をする。
ただ、正直この修理に関しては素人の人にはハードルが高くて、一応姉に「出来るか出来ないかはわかんないけど、とりあえず言うね」と前置きしてやり方を教える。

でも、やっぱりちょっとこれはさすがに難しいので、じゃあ別の方法を考えよう、ということになった。
すると姉は言うのである。

「幼稚園の先生から電話来てさ、もうこの部分は諦めてマジックテープを縫い付けるか、もしくは新品を買って下さいって言われた」と言う。

なーんか知らんけど、僕は昔から「代わりに新品を買ってください」とか「これ修理すると逆に高くつきますよ」って言われるのがなんだかすごく嫌で、その言葉を言われてようやくスイッチが入り、色々考える。
結果、マグネットならどこの手芸屋にもあるから、それを見えないところにくっ付けたら良いと思うよ。
そしたら見た目も汚くないし、とようやく終着点に到着。

姉も、「そっかー。マグネットなら良いね。じゃあそれ買って付けてみる」と一気に会話は明るい方へ。

ただ、「私に出来るかなぁ?」と言うので、「出来ると思うよ。それかタクローさん(夫)にやってもらったら?」と言ったんだけど、そこで僕は思い出す。

姉は上記の通り昔っから要点が掴めないような話し方をするタイプなんだけど、その旦那さんであるタクローさんは僕が今まで出会ってきた人たちの中でもトップクラスの優しい人なんだけど、それと同時に僕が今まで出会ってきた人たちの中で、僕の兄、母を超える極度の天然だということを思い出した(兄と母もなっかなか面倒)

細かいところを挙げるとキリがないけど、姉とタクローさんの新婚旅行の写真を見せてもらったら、本当に大げさじゃなくその6割くらいの写真のタクローさんは目をつぶっているか半目になっているという地獄のハネムーンフォトだったし、前にも書いたかもしれないけれど、タクローさんは姉に言われるまでずっと、自分が切った手や足の爪をプラスチックのゴミとしてゴミ袋に入れていて、「いや、これプラのゴミじゃないしょや」と姉が言うと、キョトンとした顔で「いや、半透明だからプラスチックのゴミで良いと思ってた。ずっと」と言ってしまうタイプの人なのだ。

そんなタクローさんに果たしてこのバッグの修理が出来るのか。

僕は人の可能性を信じたい。

信じたいけれど、怖い。何かとんでもないことをして、結局メイの鞄までプラスチックのゴミ袋に入れられてしまうのは心が痛む。

なのでここはやはり、ポンコツな 姉に任せるべきだろうと判断。
手芸屋でマグネットを買うところから教え、袋を開けてマグネットの爪の部分をバッグに一度当ててみて、そこに印をつけ、その部分を5㎜くらいカット。

そして爪をそこに入れて、外側にぐいっと曲げれば大丈夫だと思うよ、となるべく冷静を保ちながら説明。
ようやく姉は全てがクリアになったようで、そっかありがとーと言った。

僕は「あぁ、キョーコ」と言う。

「なに?」と姉は言う。


「今までのこのイライラしたやりとりさ、ブログに書くから」と言った。

「え? どこでイライラしたの?」と随分と不思議そうに訊いてきたので、あはは、じゃあまたねと言って電話を切り、僕はそのまま机に向かいパソコンのキーボードをいつもより強い力でタイプし続けた。

写真の仕事、ジョニーラング

写真の仕事、ニコラス、ジュンクさん、ジョニーラング

最近また久々にニコラスとメールをして、仕事の休憩中にもジュリーとニコラスのライブとか、撮影しているときの動画とかを一緒に観てひゅ~って言っていたんだけど、あぁちきしょう、写真撮りに行きてぇなぁと思ったりしています。

そんで地元の友人で僕に写真を教えてくれたケースケは、盆休み中に車に布団と酒とカメラを突っ込んで北海道内を車中泊しながら撮影しているのも羨ましいし、ニコラスは今もイビサ島を拠点にしてライブとかやって時々1か月くらいポーランドとかその他ヨーロッパにライブしに行き、その土地で写真を撮っていて、ジュンクさんはきっと今も山口で農家をやりながら、地元で撮影しているのをflickerとかで見ると、あぁいいなぁ、なんかもう数日がっつり撮影とか行きたいなぁとふわふわふわふわしています。

そんな中、以前にもお世話になった那覇のフォトスタジオの浅井さんから連絡があり、年末に向けて忙しくなるのでちょっとやってみんかいと誘って頂きまして、来月初旬は那覇で撮影の仕事。
カメラマンって華やかな仕事っぽいような感じも多少あるかもしれないですが、とにかく体力勝負(疲れると集中力が途切れて撮影出来なくなる)ので、今から気合い入れていくべしと相成っておりんす。

昨晩遅くにジュンクさんや、ニコラスのflickerを観ながら、あぁなんか音楽でも聴くかとYoutubeを探していたらジョニーラングを発見。

確か僕が高校生のときに、多分14歳とかでデビューした人なんですが、久々に聴いてまたフゥーとなった。
で、今大人になったのを動画で観たら見た目の印象は結構変わったけど、格好良いなこのやろうと写真と音楽にやられておる36歳でございます。

モノクロフィルムで撮って、また現像したいすな。

台湾とか一人で行って撮影したりするのも楽しそう、と一人でふわっふわ妄想中。

ウクレレケースの修理と、鈍い筋肉痛

ウクレレケースの修理
ウクレレケースの修理

沖縄でお世話になっているご夫婦からご依頼頂いたウクレレケースの修理。
中の芯はそのまま使い、ヌメ革を使って製作しました。

あぁ、なぜか持ち手を作るのって好きっす。
なんかこう、革を手縫いでぎゅっと締めていく感じが、他のものに比べて強いので完成したものを手に取ってフフンと眺めると妙に気持ちが落ち着いたりするもんです。

先日のジョギングによって僕の足の筋肉は崩壊するんじゃないのかと思っていたんですが、思いのほか大した痛みもなくジワンジワンという微妙な鈍痛。
冬の間、寒くて走らなくなったりして数か月ぶりに走ったりすると筋肉痛が翌々日に来るってことが結構あったんですが、今回はそれもどうやら無さそうで多少体は走ることに慣れてたんだなとよくわかんない安堵感。

2週間くらい前だったか、500のカウンターで知り合った方がバスケをやっていて、山田さんも一緒に体育館でやりますか? と訊かれ、うわうわぜひぜひと言っていたんですが、気が付くと僕にはシューズが無いことに気付き、あぁ遊びのバスケに高いバッシュ買うのもなぁと気が引けてしまい、結局また走ることになりそうです。

これはもう、「詩を書きたいけれど、僕にはペンが無い」ってやつと一緒です。

あれ? これってなんだっけ? なんかの小説? 映画だっけ? 

まぁいいか、忘れてしまったわ。

つまりこれはもう、「思い出したいけれど、僕には記憶力も無い」ってやつです。

また走るか…。 続く気がしない

また走るか…。 続く気がしない

定休日。
でも仕事をしようと机に向かうもののどうにも何かこう、格好良く言えば「全然降りてこない」感じで、仕事が全然捗らず、あぁどうしようどうしよう、あー、コバチちょっとあっち行ってなさい、小鉄、そこで寝ない、などとやっているとこりゃいよいよダメだと思って服を着替え、ジョギングの格好にチェンジ。

よくわかんないけど、「体を疲れさせると頭は冴えることが多い」という経験則から、今日は10キロくらい走ったら仕事がすごい進むぜよと自分を思い込ませて、じゃあスタートということでいつものコザ運動公園へ。

1周2キロのコースがあって、そこを4周して帰ってきたら11キロくらいになるんだけど、どうにも1周しただけで足がプルプルする。

なぜだ?

そうだ、2週間くらい走ってないからだ。

一応、自分に課しているジョギング中のルールとして、1周したらベンチに座って腹筋を50回やるっていうものがあるんだけど、それもなんかかなりごまかしてやっていき、なんとか10キロくらいを走って(7割徒歩)帰宅。

この暑い中で走ると体の水分が出て1キロは減るんだけど、今日はさすがにひどかったみたいで2キロ落ち、風呂に入ってぼーっとしながら扇風機に当たり、体を冷やしました。

本当はこれを毎日出来たら良いんだけど、数日続けても途中でめんどくさくなったりして、多分また次走るのもしばらく経ってからなんだろうなぁと思います。

写真の看板は月に1回くらいうちのアトリエで開催される飲み会、通称「コンク会」に使うBar50マイルの看板。
ジュリー作。

コバチはどんどん成長し、二人に留守番をさせていたら、小鉄では届かないところにあるお菓子を床に落として、それを小鉄が歯で破って二人で食べるという、キャプテン翼で言うところのスカイラブハリケーンみたいなことをしてまして、あぁもう、なにしてんのあんたたち…、とやんちゃな子供二人を育てる親みたいになっています。 

まぶたを攻める

ホタルイカミュージアムと毛穴

コバチは毎朝、腹減った腹減ったと言って僕らを起こしてきます。
ただ、朝飯はいつも嫁があげているので、特に嫁に対して重点的に攻めるわけですが、あの猫のザラザラの舌で嫁のまぶたをがしがしと舐め、そのおかげで嫁は強制的に目を開けさせられて目を覚ますみたい。

僕はいつも右の頬を舐められる。
でもそんなしっかりした感じじゃなく、義理的に。