今日で1年

今日で一年

本日10月20日で沖縄に来てからちょうど1年経過。
早いっすな、本当早いっすな。

良いこと悪いこと、良い出会いなど色々ありましたが、コバチという名の黒猫ベイビーも増えたので我が家は引越す度にメンバーが増えていくようです。
ただ、さすが沖縄。
沖縄に来てからブログを読んでくれてた方や、店のホームページを見ていたという県外の方が、仕事ついで、旅行ついでに結構遊びに来て下さりまして、この1年で9組の方がわざわざ遊びに来てくださいました。

どうも遠路はるばるありがとうございます。
まぁ、とは言っても観光ついでに寄ってもらっただけなんですが。 

そんでこのブログにはまだ書いてなかったと思いますが、ほぼ1年前の今と同じように突貫工事で店を作っています。
今は看板も出していないしすっごいわかりづらいところに引っ込んだんですが、色々と縁あってぎりぎり歩いていけるけど、車に乗った方が良いねーってくらいのところのお店に入らせてもらえることになり、床を剥がしてペンキを塗って、カウンターを作って、と本当に1年前と同じことをしています。

どうしても今週中に仕上げる必要があり、帰ってから仕事をしてという形で進めています。
正直もうここまでお待たせすると罪悪感しかないのですが、本当にもうちょっとだけお待ちください。

店作ったらあとは落ち着いて仕事が出来るはずです。というか、落ち着いて仕事します。

現在、筋肉痛。
もうちょっとこれから仕事します。 

タイミングの悪さ。体調管理

タイミングの悪さと「ようやく見えた」

タイミングが悪い。
タイミングが良いなーって思うときと、タイミング悪いわって思うときの両方で人はきっと生きているんでしょうが、今日に限っては完全にタイミング悪いです。

また風邪引いた…。
本当にこの虚弱体質をどうにかしないといけなくて、これは結果平熱が35℃台だからすぐに風邪を引くらしい。
あと、ガンにもなりやすいみたい。

結果、運動して筋肉を付けなきゃいけないってことらしいんですが、いやそれなり運動はしている方だと思ってはいるんだけど、まだ足りないってんならまーたふくらはぎがガンダムみたいになるんよねきっと。

昨日一日休めたので今日から遅れを一気に取り戻すぜーって昨晩寝て、朝起きたら完全に風邪の症状。 
ここ2日くらいで沖縄の気温はぐっと下がり、エアコンを付けずに生活が出来るんだけど、まだ寝るときはあのちょっと暑い感じの気分が抜けなくて、今朝寒くて起きたのが原因でしょう。

明日は朝から那覇で結婚式の撮影。
とにかく今晩のうちに治さないと鼻ぐじゅぐじゅで式を撮るのは音としても迷惑だし、新郎新婦、来賓の方にうつすわけにもいかんので、今日も早めに寝るしかないですな…。

本当にお待ちして頂いている皆さま、体調までポンコツで本当にごめんなさい。
体調管理も仕事のうちですね本当に。 

休みは必要

休みは必要

沖縄に来てそろそろ1年になりまして、今日の沖縄はようやくエアコンを付けなくても良いくらいの気温になり、外に出るといつもの階段が涼しくて、嫁に「なんか良いとこのホテルみたいだわ」と言ったら、「え?」って訊き返されてあぁいや何でもない、って答えるくらいの気候になっておりやす。

最近なんやかんやで僕のくせに結構ぎちぎちで働いていたので、それの疲れがどさっと出たのか今日はもう全然ダメだわとなって一日寝てました。
おかげで体が少し軽くなった。でもやることは毎日溜まっていく感じっすな。

来月からまたちょっと新たな展開になりそうなうちの店。
病気にならん程度に仕事して寝て酒飲んでっていう風に過ごしたいもんです。
 

嫁とカラオケ

嫁とカラオケ

いつだったか忘れたけど、嫁と酒を飲んでるときに「なんかさ、酔っ払ったしカラオケでも行く?」って話になったんだけど、そのときは時間も時間だったので無しになった。

そんで先ほど嫁が急に「今度さ、カラオケ行く?」と言われた。
結婚して6年、僕は嫁の歌声を聴いたことが無いし、僕も嫁の前で歌ったことは無い。

第一、そんなにカラオケが好きじゃない。
いや、好きじゃないってのはちょっと違うか。
「そんな上手くないから、聞かせるほどのもんじゃないから行かなくていいや」っていう感じ。

なので僕は嫁に「一応言っておくけど、俺、上手くも下手でもないと思う」と答えた。
すると嫁は「いや、ゴロちゃんきっと美味いよ。口笛の音程合ってるもん」と言う。

僕は多分、一応音程は取れるけど、上手くは無い。本当に50点。
自分で言うのもあれだけど、一応平均点は取れてるけど上手いかというと上手くはない。

だからちょっと次嫁と飲むのが怖い。
嫁がすごい上手かったら、僕は多分風邪引いたフリをする。
 

身近にいるポンコツな人たち

体力の無いおっさん

うちの姉がなかなかポンコツ可愛いところがあるという話は、先日の「姉との電話」で書いたわけなんですが、類は友を呼ぶとはよく言ったもので、それなりにそういった大変可愛らしいタイプの人が僕の周りにはちらほらといます。

その中でも僕が25くらいの頃に知り合い、もう10年以上の付き合いになる氷見の靴職人のがーつるも、これなっかなかのポンコツ具合を発揮するタイプの人で、彼女とちょっと難しい話をすると姉と話し終わった後の徒労感によく似たものを味わい、僕はなかなかすり減らされていきます。

がーつると電話をしてホームページの話になり、「これを書くときはこうして、そんでこういうのをやるときはこうだよ」と最初は僕も紳士的に教えていたんですが、少しずつがーつるの困ったちゃんな部分が出てきて、(あぁ…。キョウコと話してるみたいな気分だ…)と思いながらも、一応は家族ではなく他人なのでなるべく、なるべくイライラしているところを気付かれないように僕は冷静に努めます。

ある程度のやり方をがーつるは覚え、じゃあ最後に画像の貼り付け方の説明になったわけですが、そのとき僕はまさかこれほどの徒労感を味わうことになるとは思っていなかったのです。

がーつるは、自分のデジカメで撮った写真の画像が重くて、ブログとかに載せるやり方がわからんと言い、あぁじゃあ一括でリサイズ出来るソフトがあるからそれを使ってみなよと僕は答え、電話をしながら、じゃあまずはYahoo!に行き、そこの検索窓に「リサイズ超簡単 pro」って入れて検索してーと言います。

それくらいはがーつるだって出来ます。
話しぶりからして完全に機械音痴だけど、がーつるだってやるときはやるのです。

そしてダウンロードのページに無事にたどり着き、じゃあ「ダウンロードする」ってボタン押してーと言いまして、僕も同じことをして順を追って説明。

するとまずここでがーつるからの名言が飛び出します。

「山ちゃん」

「はいよ」

「このダウンロードするってボタン押したんがやけど、なんか矢印がぴゅーって吸い込まれて何も出てこんぜ」

「なんて?」

「だからぁ(ちょっとキレ気味で)、このダウンロードするってボタン押したんがやけど、なんか矢印がぴゅーって吸い込まれて何も出てこんぜ」

「いやいやがーつる」

「なに?」

「その、矢印がぴゅーって吸い込まれるって意味が全っ然わからんのだけど」

いやだからさ、このダウンロードするってボタンあるがやろ?! これ押しても、矢印がぴゅーってなんがいぜ!!

ここで二人ともそこそこイライラモードになる。

がーつるは、矢印がぴゅーって吸い込まれることを理解しない僕に苛立ち、僕は今までパソコンを使ってきた中で矢印がぴゅーって吸い込まれた記憶が全く無く、この理路整然としない会話はまるで、僕がジュリーとかピラエちゃんに革漉き機の使い方を教えてるときみたいな感覚的なものであることに気付く。

僕はがーつるのその言葉を上の空で聞きながら、心の中で「ジュリー、ピラエちゃん、ごめん」と軽く謝ってみたりもした。
でもそういう感覚的なものって、せめて目の前で言うのが礼儀なはず。
それをまさか電話口で言ってくるあのがーつるの強靭な精神力に僕の心は屈した。

なのでとりあえず、矢印がぴゅーってなったんならよくわからんけどダウンロードは完了したんだろうと判断し、「よし、じゃあそのダウンロードしたのをインストールしようや」と答えました。

ただ、僕のパソコンは多分買ったときくらいにダウンロード先をデスクトップにしていたので、ダウンロードしたものがすぐに確認できるようにしているんですが、がーつるはそういう設定をしていないので、そのダウンロードしたデータどこにあるのかわからんちゃよ、とまた多少イライラし始めます。

「俺のはWindows7じゃないからわからんけど、多分【ダウンロード】ってフォルダがあるから、そこを探してみて」と言ったわけですが、がーつるは何やらブツブツ言いながら、「無いが… 無いが… あっ!!! あー… 無… あった! あった! あれ?! いや、無いが… あれ? どこにあるがかねぇ… あ、あ、これけ?! 山ちゃん、これけ?!」と言ってくるんですが、僕はなるべく冷静に「えーとね、電話してるから俺そっちの状況はわかりません」と答えます。

そしてどうにかそれが見つかり、じゃあそれインストールしてーと言ったんだけど、「インストール? どれけ? これけ?」と言うので、僕はなるべく冷静に、また上記の言葉を反復。

そのままがーつるは、「解凍せんといけんがやけど、これ解凍すんがけ?(解凍しなきゃいけないんだけど、これは解凍しなきゃだめ?)」と、とってもチャーミングな富山弁で僕に話しかけているのか、それとも独り言なのかもわからないようなことを言い、「いい いい」と僕はもうフワフワしながら言います。

そして解凍。

ようやくインストール完了。

それが終わり、じゃあ画像をリサイズしようという段階になり、やり方を教えても一向にお互いの意思の疎通が出来ず、いや違う、出来るってと僕は言うけど、がーつるは出来んが、何もならんが、と多少の行き違い。

…。

あぁ、ダメだ、ここまで書いてみたけど思い出したらまた徒労感が…。

結果、がーつるはなんとか使えるようになりました。
画像をリサイズするソフトをインストールして、重たい画像を小さくするという作業を電話で説明するのって本当難しい。

これに要した時間、55分。

そしてようやくすっきりとしたがーつるは機嫌を直し、僕に明るい声でこう言います。

「山ちゃん」

「はいよ…」

わからんこと出てきたら、また電話しても良いがけ? 山ちゃん、説明上手いから

僕は一呼吸置いてこう言いました。

うん、いいけど、とりあえずしばらくの間は放っといて」 と。