姉とのメール。あと家族

革の虫カゴ

ジュリー作の「革の虫カゴ」。

本当はハーレーのツールバッグにする予定だったんだけど、うーん、なーんか違う用途にしたいねって話になり、最初はウェットティッシュバッグだったんだけど、あぁ、じゃあやっぱりマチのところに穴開けて虫カゴにしようかという話になり、結果、虫カゴに落ち着きました。 

これを子供がキャッキャ言いながら使う、っていうよりも昆虫採集が趣味のおっちゃんとかが使ってくれたら格好いいかなと。ストラップも取り付けられるし。

で、話は飛ぶけど姉とのメール。

以前の姉とのやりとりはイライラしたまま書きましたが(→ ここ)、もうあの一件以来僕はなるべくそういうタイプの人とのやりとりは避ける方が無難、という防衛策を取ることになり、ここんところはそれなりにストレスフリーでやっております。

ただ、今日の姉からのメールもこれまた大変に面倒臭く、なのでその僕らのやりとりをただ単純にお読み頂ければある程度の面倒臭さを皆さんご理解頂けるんじゃないのかなと思っておりんす。

そんなわけで、以下、僕と姉のメールでのやりとり。

あ、念の為書きますが、「元気?」 とか 「沖縄はどう? まだ暖かい?」っていうような世間話もなく、いきなり以下の質問だけが僕の携帯に入ってきます。

姉 「革靴の外側に白い粉みたいなのがブワーってなってるんだけど、どうすりゃいいの?」 

僕 「知らん」

姉 「知らんじゃないわ! 拭いたらとれたけど、何? 予防法は?」

僕 「捨てたら良いんじゃない? 多分、靴も腐ってるんだわ。 持ち主と一緒」

姉 「持ち主はタク(※姉の旦那さん)だけどねー っつうか、買ったばっかりでまだ数回しか履いてないわ! タクは足の汗が原因で、塩を吹いたって言ってたけど違うよね…」

僕 「あぁ、じゃあそれだわ、それそれ。 なんかゴムの靴下とか履いてもらって、靴に汗を出さないようにしたらバッチリだわ。」

姉 「あーはいはい! そうしますよ!」 

僕 「キョウコからの質問はイライラするから今後こうするね」 

姉 「もう聞いてやらないからね! この足くさ男! あー言ってやった!」 

…。

ね? 腹立つしょ?

しかも姉、来年40歳。これ、40手前の人が弟に書くメールじゃないでしょ。

あと、大体予想は付くと思いますが、うちの家族はこんなもんです。
親父はもっと面倒です。 

前に結構朝方に電話来て、なんかあったのかと思って、「どしたの?」 って訊いたら、「いやー、あのな。和史、実はな。 そのーなんだ、父さんも【顔の本】やろうと思ってるんだけど、どう思う?」って開口一番言われまして、 僕が「え? なになに? 【顔の本】って何?」って訊いたら

あー、メンゴメンゴ。 Facebookよ。 あっはっはっはっ!」とか言われるのよ。

これ、来年70歳になる人が息子に電話する内容じゃないでしょ。 

で、オカンと兄貴は極度の天然。
しかも当然だけど、自分が天然だってことを認めないのがまたちょっとね、あれよね。

それと妹は僕のことを嫌っています。

一番最近妹とやりとりしたのは、まさかの嫁のインスタのコメント内です。
妹が僕を嫌っている理由は 「しつこいから」 だそうです。 絶望的です。

以上です。

仕事仕事ー

犬の首輪とリードのセット

仕事をしとります。
完成したのは首輪とリードのセット。

どうにも目の下にクマが出来やすいタイプで、デーモン小暮みたいになっています。

なっていません。

とってもタイトなスケジュール。それを組んだのは自分。
ちゃーんと仕事しなさい。

毎年この時期はこんな感じの生活。

小鉄は不満がどしどし溜まっているらしく、僕の持ち物をどしどし破壊しているんですが、遂に今朝、嫁愛用の財布までやられて嫁軽く落ち込む。

ただ僕はそれよりも、「あーぁ、この財布気に入ってたのになぁ。 どっかに財布作れる人いないかなぁ。 ねぇ、いないかなぁ?」 ってセリフを頂戴してニコリと笑って誤魔化しました。

よし、ピラエちゃんに財布の作り方を伝授しよう(←意味深) 

結婚式の撮影

_CNQ1545

昨日も結婚式の撮影。
ズームレンズは使わずに単焦点のみを使ったんだけど、あぁやっぱりズームより良いわーと思った。

あまりストロボを使う必要が無いし、何よりカメラがぐっと軽くなるので今後もこのスタイルで行こうと思っとります。

今後、フリーでの撮影を本格的にしようぞと思い、時間があるときにホームページを一新してもう少し集客も頑張ってみよ。

近況としては、えーと、毎日働いてます。
多分風邪引いたときと、撮影で全身筋肉痛のとき以外は働いてるっぽい。

店作りをしながら、革の作品を新しい店のスタッフの人たちに作ってもらっていて、そのクオリティがどしどし上がっているので今後が楽しみです。 

30℃

30℃

本日の沖縄は30℃。
観測史上最長の夏日なんだってさ。確かに暑いもん。

恐らく家に携帯を忘れてきてしまい、あぁ携帯無いと困るなーって思ったけど、実際そんなに困らないんじゃないかなとも思ったりもしたり。

あぁ、なんか俺、もうちょっと良い写真撮れるはずなのにと思うけど、実際はこんなもんねきっと。 

目線

目線

はい、「これから毎日書く」と宣言してすぐに毎日書いてない男です。

11月の沖縄は結婚式が多く、ほぼ毎週土曜は那覇で撮影。
ずっと浅井さんっていう俺の8つ下のカメラマンの人と一緒に撮影していて、次回からは一人立ち。

今までにブログ読んでくれてた方の結婚式とか家族写真とかは完全に我流で撮らせてもらっていましたが、結婚式の撮影ってそれなりに約束事というほどでもないけど、「ここの立ち位置はこっちで、大体ここからこの場面を撮る」ってのが決まっているわけじゃないけど決まっていて、それを覚えるのに結構時間が掛かりました。

特にアルバムを作るってなった場合にメインとなる写真は欲しいと言われていたので、それはなんというか「それっぽい」写真を撮らなきゃいけないんですが、次回からは結構好きに撮らせてもらおうと勝手に企んでます。

新郎新婦がニコッと笑った顔はもちろん押さえなきゃいけないんだけど、その表情の写真ばっか撮っていると新郎新婦も大変だろうなと思ったりもして、それよりも新郎新婦が気を抜いてるときとか、一緒に祝うぞーってなってる人の所作とかそういうのを撮りたいっすなと思っておりんす。

あぁでも嬉しい。一人で撮ってる方がお互いに立ち位置で気を使うこともあるので、次回からはすいすい動いていけるんじゃなかろうかと思っています。

近況としては、2週間の間くらいに2度職質されました。

昨日も夜歩いてたらパトカーがちょっと前の方で止まったんで、はぁめんどくさいなぁと思いながらすぐに財布から免許証を出し、ポケットの中のものを全て歩道のちょっと高いところに置いて、警察官が来たときには「はい、これ免許証です。住んでるところはそこで、仕事は革職人です。ボディチェックお願いします」と言い、ボディチェックをしてもらって、最後警察官に「これだけスムーズに職務質問させてもらったのは初めてです」とお褒めの言葉を頂きました。

どうもありがとうございます。

で、その話を今日キリちゃんに言って、彼が帰ったあとにLINEで連絡有り。

「ゴロ氏がよく職質される理由がわかりました」との一文があり、次にニュースのリンクが貼ってあったのでそれを読んだら

「沖縄県中部にて不審人物の通報あり。少女に声を掛けて抱き上げ、友人に見られて逃走。身長170cm前後、髪を後ろに縛っている」 

と書かれてありました。

髪切ったろかな。 

そんで上の写真はジュンクさんと行ったスナック。