車が無くなって思ったこと

f:id:yamadakazufumi:20181018085109j:plain

「わかりやすい」「わかりづらい」

「山ちゃんはわかりやすいよね」って言う人と、「なんかよくわからん、難しいよね」っていう人が割と二つにぱかっと割れます。
で、多分だけどその二つのグループの違いってのはきっと、単純に「僕が心を開いているか否か」なんじゃないかなと思っていて、つまり実際のところ僕という人間は本当にわかりやすい人間なんだと自分では思うんだけど、そんなにこう、突っ込んだ形で話をしていない人にとっては、僕はなんかこう、よくわからん人間っていう感じで見られることがあるような気がしています。

面白くないことはやりたくない

そんで、一言で言い表すのであれば、多くの人もそうであるように、僕も「面白くないことはやりたくない」というタイプで、面白くないこと、参加したくないこと、行きたくないことが間近にあったりすると、ずーっと嫌な顔をします笑

その中で特に嫌だなと思うのが、「で、この時間はなんだったの?」と思えてしまうような、すっごい無駄な時間の使い方ってものがあって、このところ車が無くなったことによって一つ減ったストレスとして「到着時間がわかる」ってのがこれ、なかなかストレスフリーだよなと思うようになりました。

本を読んだり、寝たり、音楽聴いたり

仕事をしているときって、音楽は聴くけどそれ以外に出来ることって「仕事」の一択なんだけど、電車に乗っていると買ったけど全然読めていなかった本を読む時間を確保出来るってのがこれ大変素晴らしいもので、これが車の運転になってしまうと「ただ移動する」っていうその目的だけしか達成出来ないってのがきっと僕は嫌なんでしょう。

あと、今は美唄市内を自転車ですいすいと動いていますが(結構もう寒いけど)、いつもヘッドホンをつけて音楽を聴き、更に「移動中に運動不足を多少解消出来る」って思えると、あらやだ、やっぱりこれ、とても素晴らしいことになってるじゃないのと思ったりしまして、これから突入する冬、しかも極寒の冬の中を自転車一本でクリアすることが出来たら、あー、なんか余計なストレスが一個減ったぜーぃって思えるんだろうなと思うので、このままね、どうにか自転車野郎マクガイバーとしてやっていけたらこれ幸いかなと思っておりんす。

そったらわけで仕事

昨日から始めた「22時まで仕事する計画」。
いやもう、今朝からすでに肩こりだし、体だるいし、っていう最悪のスタートになっていますが、この状況に自分の体をマッチさせて行けば、多分きっとより定休日をゆっくり楽しめるんじゃないかなと思うけど、多分余計忙しくなってただただ疲れていくんでしょうねきっと。

そったらわけで仕事行きます。

明日はラストの創業塾。夜は飲みです。