仕入れが結構大変

f:id:yamadakazufumi:20181025084150j:plain

仕入れする場所

革を仕入れるのって、僕は大抵大阪か姫路のタンナーさんから直接購入するってパターンが多いんだけど、帆布とかを仕入れるときって割と自分で見に行って買うことが多いんです。

革の方が個体差があるから直接見た方が良いんじゃないの?と思われるかもしれないけれど、それはもう「どんなものが入ってくるのかな」っていう一つの楽しみみたいなものもあって、結局革の厚みさえしっかりとわかっていれば、大体はパッと見たときに何を作れるのかってのは頭に浮かんだりするんだけど、帆布で言うとなんかね、一度触ってみて、その厚み、というよりも硬さ、張りを見てから買うようにしています。

そうなると美唄にはそれが買えるお店が無いので、ふむふむどうしたもんかねと思うわけです。

滝川のイオン

そんで、このところ帆布を買いに行くのは滝川のイオンが多いです。
品揃えも悪く無いし、店員さんもなんかこう、色々と親身になってくれるので、もういやん、ばかぁんとね、そんな気持ちで買えてしまうってのがこれ大変素晴らしいんでございます。

今日か明日、行かなきゃなと思ってまっせ。

すっごいお待ち頂いています

現状で、今ご注文頂いたとしても、大体半年くらいお待ちいただくような感じになっています。
こう見えて、なのか、どう見えているのかわからないんですが、僕なりに結構きちんと仕事をしているつもりなんだけど、ずーっとバタバタとしていて今だに6月末頃にご注文頂いたものの制作に入れていない、というのが実情です。

あー、本当どの時間を削っていくのが最も良いのかってところの、スケジュールの部分をもう少し詰めて考えていかなきゃいけなくて、無理し過ぎるとこのところは肩凝りをするようになってしまって、全然仕事に集中出来ないときってのもあるんですよね。

いやー、どうしよう。って独り言をずっと言っているんだけど、ここは自分の頭だけじゃなく、もう少し理路整然と物事を考えていける人にきちんとアドバイスして頂かないと、どんどん良くない方向に進んでしまいそうな気がしています。

ご注文頂いているお客様、申し訳ございません。
俺なりに急いで丁寧に仕事はしているつもりですので、すみません、もう少し解決策が見出せるまでお待ち頂けましたら幸いです。

そんなわけで、本日も「音楽家の為のリュック」の制作。
明後日には完成出来ていると思います。