何かがあるような、そんな雰囲気の写真

森の中の紅葉

森の中に入ってカサカサとした音を聴きながら歩き、時々奥さんにカメラを向けて撮ったりしていたんだけど、そういうときに周りの音を聞いてみたいなと思って立ち止まることがある。

このイコロの森は千歳空港にほど近いので、飛行機の音が時々するけれど、それが消えたあとの静寂の中に小さな動物が動いている音なんかを聞けないかなぁと思ったりするんだけど、どうやらもう小さな動物たちは土の中や木の巣の中で冬眠に入っているらしく、辺りに動く動物は見えなかった。

「リスは冬眠するの?」
とさやが訊いてきたので、「うん、丸くなって眠るよ」と答えた。

「タヌちゃんも寝るときさ、冬眠してるみたいに寝るよね」と言われた。

僕は、さやに「タヌちゃん」と呼ばれている。
タヌキみたいだからだ。
何度か拒否したけれど、いつからか僕はそれを受け入れた。

だから、僕は、タヌキだ ←名言ぽく読んでください