爺ちゃんが亡くなった

2019年11月15日、爺ちゃんが亡くなった。
14日の朝、オカンから電話が掛かってきて、何も知らずにテンション高めに電話に出たら、「爺ちゃんなんだけどさ」という話し方が全然良い話じゃないなというのがわかり、話を聞いて、電話を切って実家に帰った。

家族、親戚が集まり、爺ちゃんの病室でいろんな話をして、もう宴みたいなテンションになり、僕らが帰って落ち着いてから爺ちゃんは亡くなった。93歳だった。

本当に良い人生だっただろうなぁと思う。
正直、とても羨ましい人生だと、僕は思う。

この爺ちゃんの生き様を見ていたら、元々僕は長生きしたい派の人間だったけど、その想いが益々強まったなぁと思っていて、出来れば、可能であればこのままこの感じで90歳まで働いて、あとはどうにか施設とかに入って爺ちゃんと同じくらいの歳で死ねたら最高だろうなぁと思う。

と言うわけで、あー、健康診断とか行かなきゃなぁ。
そういうのも一つの仕事だよ、と自分に言い聞かせてみる。