全然書いてなかった

f:id:yamadakazufumi:20171116151625j:plain

「気付いてなかった」というと、そりゃ完全に嘘になるんだけど、なんかもう、いろんな状況が目まぐるしく変わり過ぎてて、これ書いてしまうとなんか後で大変かなとかそんなことも思ったりして、放置プレイですみません。

現在、北海道の旭川市。

ミシンを買って自宅で仕事をして、来年の渡欧に向けて準備をしながら、目の前にある仕事をばしばしと進めています。

 

そんで、こっちのブログは「ヨーロッパ紀行」という名のタイトルなので、日本の日常を書いててもしゃあないなぁとか思うので、ひとまずうちの店のブログで日常のことを書いていこうと思ってます。

そんなわけで、しばらくの間はこちら↓でお楽しみくださいませー。

 

⇒ 革製品の店 アリノハネのブログ

 

ヨーロッパ最終日

f:id:yamadakazufumi:20170925231744j:plain

明日には飛行機に乗って帰国するので、本日が今回のヨーロッパふらふら最終日。
特にこれといってしなきゃいけないことも無いので、朝から近所を歩きながら写真を撮り、買い物をして昼飯を食べて帰ってきました。

ここで今回の旅の総括を、と思っているんだけど、なんだろね、すごく普通な感じなんです。
以前2年半くらい海外に住んでいたことがあったからってのも多少は関係あるとは思うんだけど、結局のところ自分が生まれ育った街からとても遠いところにあるけど、そこには身体的な特徴の違いはあれど多くの人が住んでいて、その国々で国民性の違いってのはあるけど、結局やっぱり僕にとっては引越し先の候補地としてそこを捉え、冷静に実生活をしてみるようなシミュレーションをしてみたら、結果、どこだって良いやというとっても残念なように見えるかもしれないけれど、とても有意義な結果が出たというのが今回一番の収穫だったんじゃないかなと思います。

どんなところに住もうとも、そこには隣人が居て、良い人、嫌な人が居て、足繁く通うことになる店があり、好きな食べ物と散歩コースが出来上がるんだと思えば、よっぽど劣悪な環境じゃない限りきっと僕はヨーロッパ圏内ならどこでも住めるなと思えたのが良かったです。

そして、一番? かはわからないけれど、自分の中で気になっていた点として、「自分は革職人として、果たして世界で戦えるのか?」という漠然とした疑問があったんだけど、結果としては、「戦える」という結論に達しました。

こういうときはちょっと謙虚に書くべきなんだろうけど、やっぱりね、そこはきちんと第三者的な視点で正確にしておきたいなと思うんだけど、僕はヨーロッパのハイブランドに勤める分業制の職人たちにはその分野ごとの技術やノウハウで、今のところ勝てる気がしないけれど、ヨーロッパ内で個人でやっている、もしくは少数のスタッフで動いている工房の職人よりも、僕は技術的にもデザインセンスも上だなと思いました。

いくつかの店に行って、実際に作品を手に取って、革の使っている部分とかステッチとか仕上げとかを見たら、「あくまでも俺の判断だけど、これを商品として売っちゃダメでしょ」というレベルのものが多く、もちろんたまたま僕が行った店のレベルが低かったこともあるんだろうけど、とにかく僕の中ではあまり良しとはしないレベルでも、こうして一人前として食っていけている人がいるのであれば、言葉がわからなくても作品の良さだけで十分に食っていけるという自信になりました。

多分だけど、仕上げの良くない革製品はダメになるのも早いはず。
仕上げによってきちんとした形にすることで、引っかからないようにしたり、滑らかに使いやすくするのに、それが出来ていないのであれば、きっとそこからほつれが出てくるんだろうなと思います。

なので結果的に今年は日本にいることになるけど、来年にはヨーロッパに正式に移住します。

国はオランダです。
オランダ国内ならどこでも良いやと思うので、ネットで家賃が安くて広いところを探して、そっちに移住してオランダで起業します。

 

f:id:yamadakazufumi:20170925233855j:plain

そんでこのヨーロッパでの移動生活の中で、かなり濃密だったと思うんだけど、その濃密さにはいろんな要素を含む濃密さがあったなと思ってます。

それは外国語の重要性だったり、仕事に対する姿勢だったり、日本という国の言葉と文化だったり、そして音楽や小説、そして食事だったりと自分の生活に深く関わっていたことを、もう一度掘り返す作業が多かった気がしてます。

そういった要素がかなり突発的に自分の意識の中に入ってくることがあって、落語や諺、純文学やビートルズ、売れないまま死んでいった芸術家、食事の良し悪しと化学調味料。スリとホームレス。安いスマホとちょうどいいサイズのカメラ。メモ帳の重要さと細いペンの貴重さ。

僕はずっと引越しを繰り返す人生にいつしかなって、今回の引越しで本当に数多くのものを処分しました。

大げさじゃなく、今の僕の全ての持ち物は、バックパックとスーツケース1個分だけ。
他に僕の所有物は無いというこの状態だと、本当に必要なものって何かとか、自分が好むものは何かについて深く考えることになりました。

そしてこれは極論になるのかわからないけれど、「必要なものは全部金で買えるから、実際のところ、本当はモノなんて何もいらないんだ」という点と、「大事だと思えるものでデータ化出来るものは、可能な限りデータ化しちゃえば、それは自分が死んでも残る貴重なもの」だという考えでした。

そしてこれは逆説になるのかはわからないけれど、そういった必要なもの、不要なものが感覚的につかめてきたことで、ようやく僕は「もうそろそろ一か所に腰を落ち着けて生活しよう」と思えるようになったってことは、これ自分にとってとても大きな進化であり、変化だなと思っているわけです。

はぁ、本当に良い3か月でした。

お世話になった皆さん、どうもありがとうございます。
そして次の再会を楽しみにして、一度日本に帰ります。

あー、本当に面白かった。面白かったし、これだけ充実したらもう自分の人生は本当に満足だったと言えるので、これからは体を大切にしながら酒を飲んで、いろんなことを愛でる毎日になればこれ幸いでございます。

そんなわけで、このブログは一段落。

次からは「一時帰国編」に突入致します。

日本にいる友人、知人、家族の皆さん。
可能な限り一緒にメシ食って酒を飲みましょう。

【die Walz】について

Walz

出典:duda.news

日本ではかなりマイナーであまり知られていないと思うんだけど、ドイツにはWalz(ヴァルツ)っていう制度があって、それは見習いの職人たちがこんな感じの服を来て、各地を転々としながら職人の元で修行し、たしか3年と1日の間それをやり遂げたら、一人前の職人として資格がもらえるってのがあるんです。

もちろん、普通に学校に通い、自宅から近いところの親方の下で修行して資格をもらうのと同じになるんだけど、なんだろうこの、「THE・手に職」っていう制度とその生き方みたいなものに僕はドイツにいた頃から憧れを抱いていたんです。 

恐らくこのヴァルツを行う職人っていうのは、大工とか屋根職人といったある程度大掛かりで、一つの現場期間が長い職種に多いと思うんだけど、この辺のドイツ人の旅好きな感じと、それを許容する人たちの寛容さみたいなものがすごく羨ましいなぁって思っています。

僕は今回、彼らのようにそこまで転々としないとは思うんだけど、気持ちとしては同じような形で自分の仕事と関わっていきたいなと思ってまして、その根っこにあるものを僕みたいなもんがちょっとでも共有できたら楽しいだろなーって思うんです。

まぁでも、言葉も中途半端だし、金も予想以上に無いのでなんともあれだから、2ヶ月くらいで帰国して工場で働いて金貯めますとかってことも十分に考えられるんだけど、そういう恥をかくのも悪くねぇなぁとちょっと思ってます。

そんなわけで、このブログのドメインはそのまんま diewalz.com です。

「die」は「ディー」です。
ドイツ語の女性名詞にくっつける定冠詞 。英語でいうところの「The」です。

そのなんちゃってヴァルツをやってる日本人がいるってのも悪くないかなぁって思うんよね。 

登場人物一覧

DSCF1447

そういや、このブログに出て来る人たちの紹介みたいなものが無いなと思ったんで、少しさらーっと書いてみようと思います。

■アイバサン
うちで飼ってる猫。
離婚してから僕はせっせと近所の野良の子猫たちを拾ってきて、風呂に入れてミルク飲ませて病院連れてって里親探すってのを何度かやっていたんだけど、どうにもこのアイバサンは手放したくないーって思ってしまい、結果うちで育てることになりました。

とにかく食欲の塊で、人が食ってるものをどうにかして横取りしたいと思ってる子。

アイバサンって名前は、NBAアレン・アイバーソンから。
ご存知の方は知ってるかと思いますが、アイバーソンはいつも腕に黒いサポーターを付けてて、アイバサンも左前足だけ黒いので、この子を拾ったときに「アイバーソンみたいだな」って思ったのがきっかけ。

で、たまたまYoutubeでIversonの動画を見てたら、NBAの解説者が「わーぉ! アイバサン! アイバサン!」って言ってるように聞こえた為、この子はアイバサン。 

■チャンノハ or ナコ or ノハちゃん 
沖縄市在住の動物看護師&通訳&作家。
笑い上戸でメシを食うときは食べ物をほっぺた一杯にして食べ、大抵口の周りに食べかすが付いてる。

先日、一緒に焼き鳥食ってたら、唇の下からアゴに掛けて光ってて、「ねぇ、なんかそこ光ってるけど。なにそれ?」って訊いたら、「肉汁」とよくわからん答えが返ってきた。

■ジュリー
僕がやっている革製品の店を手伝ってくれている沖縄在住の男性。
礼儀正しく、神経質でいろんな部分で冷めてるけど、時々人間っぽい一面もある人。

通称「愛を知らない男」 

■ナナBさん or 玉手箱さん
ジュリーの元同僚の沖縄在住の女性。
酔っ払うと耳が遠くなり、婆ちゃんみたいになる為、僕が勝手に「玉手箱さん」と名付けた。 
基本的にはジュリーと中身が一緒だと思うけど、割とポンコツな部分も多い為、ジュリーは同じように見られるのを凄く嫌がる。 

猫好きでアイバサンを愛してくれるんだけど、あまり猫には愛されないタイプの女性っぽい。

■ヒーローさん&ミノリさん
僕が沖縄に来てから一番お邪魔しているBarの店主。
最初は二人とも優しかったんだけど、どんどん扱いが雑になってきてるんですが、それは愛情の裏返しというポジティブな方向に捉えることにしました。

いつもお世話になってます。どうもすみません。

ジュンクさん or ジュンク西村さん
現在は山口県在住の写真家。
僕が写真を撮り始めてから一番影響を受けた人で、大阪の写真展にお邪魔して一緒に酒を飲ませてもらって、それから1年に1回くらいの割合で遊んでもらっています。

酒の強さと刹那的な感じは本当一緒にいさせてもらうと面白くて、僕は今生きてる写真家の中で最も格好写真を撮る人ってのは今後も変わらないと思う。

■ニコラス
カリフォルニア出身のトランペッター&写真家。
ニコラスがFlickrでたまたまジュンクさんの写真を見つけて、すぐにコンタクトをし、「君に会いに日本に行きたいから、家に泊めてくれないか?」とメール。
ジュンクさんは社交辞令みたいな感じで「おぅ、来い来い、待っとる」って返信したら本当に日本に来て、ジュンクさんの家に泊まりに行ったらしい。

その話をジュンクさんが僕にして、最後に「山田くん、外人に社交辞令言っちゃダメだな。本当に来るんだもんな」って言ってたのがまた面白かった。

ニコラスは、The Johnny Freelance Experience ってバンドをアフリ、ディディと一緒に組んでて、音楽でメシを食ってる人。
いっつもいろんな国でトランペットを吹いて写真撮ってます。

で、彼らが広島でライブやるってんで、僕も彼の写真が好きなので会いに行ってから仲良くなった。

なっちゃん
広島の高級クラブの若いママ。
美人でスタイルが良くて、賢くて面倒見が良くて、格好いい魅惑的な女性。

実際に会ったのは一回しかないけど、Facebookとか電話では何度もやりとりしていたので、何の違和感も無くご飯を食べて酒飲んだ。
弟のように可愛がってもらってる、と自分では思ってます。

■進藤さん一家(進藤さん&ヨウコさん&ニコ)
僕が22歳くらいのときに富山に出稼ぎに行ったときに知り合った札幌の兄貴。
現在は札幌で「CAVE STORE」というカフェ&バーをやっていて、優しくて博識だけどなかなか天然な人。

奥さんのヨウコさん、娘のニコも可愛くて、多分多くの人が「良いなぁこの家族」って思えるような魅力のある一家。

■金澤さん
僕が富山に住んでいて、ネットショップ始めたけど全然注文入らなくて死にそうになっていたときに、金澤さんが経営している輸入家具屋さんで働かせてもらい、ネットショップのやり方などを教えてくれた恩人。

「飄々としている」っていう表現ってあるけど、僕が知る限り最も飄々としていて、身軽で柔軟な人。
凄く面白い人だけど、あまり人の話を聞いてないことが多いみたいで、「いや金澤さん、俺の話ちゃんと聞いてくださいよ」って何回か言った覚えあり。

■ウドー&アーニャ
ドイツで空
手の道場をやっているウドーと、その彼女のアーニャ。
僕が25くらいのときにヨーロッパを歩いてて、疲れたから昼間にベンチで横になってたら、「お前、日本人か?」って訊かれて、「うん」って答えたら、「うちに泊まってけ」って言ってもらって泊めてもらった。

その後もメールなどでやり取りを続けていたんだけど、日本に遊びに来てくれて僕がガイドをし、2015年の末から年始まで沖縄に来てくれて一緒に沖縄観光をさせてもらいました。

今回のヨーロッパ移住の最初の宿泊先はウドーのところに2週間程お邪魔させてもらい、それから南に向かいます。

飼っている犬の名は「天神」で、前に飼っていた猫は「くのいち」という名前。
可愛い。

■モッサン or 山本さん or プリンス
2017年1月から、僕がヨーロッパに行くまでの間、仕事場を間借りさせてもらっている広告代理店の経営者。
どんな人ともきちんと一線を引いて接せる人で、それはそれで凄く良いなぁって思う。
基本、とても親切で礼儀正しい人。

■ケースケ
中学時代からの地元の幼馴染。
元々、ケースケと吉口と僕で「フーチークーチーマン」っていうスリーピースのバンドやってて、なんやかんやで今は写真家になって写真展とかをやりながら暮らしてます。

僕に写真を撮るきっかけをくれた人。

■吉口
同じく中学時代からの地元の幼馴染。
現在も旭川でバンドやっていて、「上海」ってバンドのベースボーカル。アフロヘア。

そういや吉口もなんか飄々としてる。
あんまりいろんなことに動揺しないタイプ。

■オトン&オカン
僕の両親。北海道旭川市在住。
つまんないダジャレを連発してオカンを困らせる親父と、静かに本を読んだり何かを作ったりするのが好きな母。 

夫婦仲は異常に良く、羨ましいと言えば羨ましい。
基本、放任主義。 

はじめに

はじめに

どうもはじめまして、このブログを書いている山田和史(ヤマダカズフミ)です。

そういえば、ブログの入り口としてこういうページがあった方が安心かなぁと思って、なんか急いでパチパチとっやっています。 

出身は北海道旭川市。1979年4月28日生まれのO型。

高校卒業して、地元でサラリーマンを2年くらいやってから、徒歩と鈍行列車で沖縄を目指したけど、結局鹿児島港でフェリー代が足りなくて奄美大島に移住して1年生活。
その後、地元に戻って靴職人の弟子になって、あとはドイツ行ったり、帰ってきて独立したり、結婚してから各地を転々としながら暮らしていた、ってのがざっくり言えば僕の経歴です。

このブログはかなり仮で付けたタイトル「放浪職人ふらふらり」のまま今運営していて、今後変わるのかどうかはまだわかんないですが、とにかく2017年7月から僕はヨーロッパに引越しをし、そこで革職人&フォトグラファー&バイヤーとして暮らしていくことを目的として、その記録を残そうと更新を続けているブログです。

元々、2006年から日本で革職人として独立してネットショップのみの販売でどうにか食べていけるようになり、僕が23歳のときにドイツで2年働き、ヨーロッパの靴職人としてどうにかやっていくぜーって思ってドイツのフランクフルトからスペインの西端の岬までを歩きながら、靴職人の弟子にしてもらえたらと思ってウロウロウロウロしていたんだけど、ビザとか所持金の問題でそれが結局叶わず、いつかそのリベンジを出来たらなというのがずっと僕の中にあったんです。

で、2016年の春に色々あって6年の結婚生活が終わることになり、もう守るものも無くなったので、じゃあどうにかこの「革で作品を作る技術」、「フォトグラファーとしての撮影の技術」、「ネットショップを運営して食べていく技術」 という、日本で独立してからの10年間でどうにか身につけることが出来たんじゃないかなっていうものを駆使して、シビアな世界に身を置きたいと思ったのがそもそものキッカケでした。

もちろん今でも海外で生活していくということのリスクや、不便だろうなってことは想像の中でそりゃ結構多くあるんですが、実際に行ってみたら果たしてどれだけ大変なのかってのを身をもって感じてみたいという、よくわかんない破滅願望みたいなものが多分、僕の中に多少あるんだろうと思います。

実際にあっちに行って、もしかしたらすぐに所持金が尽きて日本に帰ってくるってことも十二分に考えられるし、その反対に突拍子もないキッカケで良い出会いや何かの出来事が起きて、あぁこっちの方が楽だわーってことで、ずっとヨーロッパ内で暮らしていくのかもしれません。

まぁ本当にとにかくどうなるかさっぱりわかりません。

ただ、なんだかわかりませんが、「どうなるかさっぱりわからない」という状況って、ここ最近あまり感じたことのない種類の感情がそこにあって、とにかく一度またそれを味わってみたいんです。
理路整然とした理屈を並べられなくて、「なんで行くの?」と訊かれても僕は毎回あやふやだったり、的の得ないことを言って答えているんだけど、 結局のところ「わかんないけど、何か変化を求めたい」んじゃないかなと思います。

他人のことがよくわからないように、僕も自分のことがよくわかりません。
でも言葉に出来るもの全てがこの世にあるわけじゃないってことは皆さんご承知の通りだと思うので、まぁつまり、なんかやってみようと思っています。

そんなわけで、2017年6月30日にドイツのフランクフルトに僕は飛びます。

それまでは日本での準備期間ってことになりますが、それをなんとなーく遠目に見て頂けてたら幸いでございます。