次は倉敷アートバザール

$フィルムカメラで嫁を撮る -YOME--次はアートバザール

本日でアミティエマルシェのイベントが終了。
二日間とも天気が良くて、人も沢山来ていたし何よりいろんな知り合いの方が増えてとても有意義な二日間でした。
やっぱりうちの嫁は販売が向いているみたいです。僕はもう、隣でニコニコとすることに専念しました。

これで次のイベントは、11月5(土)、6日(日)に倉敷の芸文館前で行われる『倉敷アートバザール』で、そこにも僕と嫁は出ていくことになります。
お近くに住んでいらっしゃる方、そうじゃない方もビバ、遊びに来て下さい。自然に接客出来ているのが嫁の方で、その隣で冷や汗をかきながら慣れない笑顔でニコニコしているのが僕です。
その詳細もまた後日書きますたい。

それと12月11日(日)、兵庫県のイベントに出させて頂くことになりました。
これがもうすでに僕らは楽しみにしていて、まだ瀬戸内海に来たことが無いという方が見たら『よし、もうさ、仕事辞めてみんなで瀬戸内海に引っ越すべ。そんでそこで仕事見つけるからなんとかなるって』ってなれば良いのにと、とっても無責任なことが想像しながらこうして書いているわけですが、古民家を改装したお店のオープニングイベントにお邪魔させて頂きます。

詳しいことはまた後日という感じですが、いやはや本当に収穫の多いイベントでした。
なんだかもう僕ら二人、今日の話題はすでに『どうしよう? やっぱり実店舗持つ?』って会話でした。

よし、酒飲んで寝ます。

そうだ、それとこのブログを読んで下さっている本日メールを下さったTさま。
返信をしたんですが、どうにもそちらに届かないみたいでした。僕も嫁もそういったメールを頂いてとても喜んでいます。
次の倉敷のイベント、もしも来られるようでしたら是非是非遊びに来てください。

ひゃっほぅ、今日の酒は美味いだす。

---------------------------------------------—
↓ランキングのジャンルを変えてみました。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
(※上のバナーが押せないよという方は ⇒ にほんブログ村 革・革小物)

イベント明日も。ヨメヂカラ

$フィルムカメラで嫁を撮る -YOME--助かった

道を訊いたり、欲しい商品がどこにあるか探すのが面倒だからすぐに店員さんに「○○はどこですか?」って訊いたりするのなんて全然なんとも思わずに出来るのに、本当にこういう「突然知らない人たちが目の前に来て、話しかけたらいいのかわからんという状況」になったときの僕は最弱になる。
嫁を見ていたらなんと驚いたことに、「何かをしながら自然に知らない人と会話が出来ている」という、それはそれは驚きの才能を僕に見せつけ、やっぱり僕は誰にも関わらないような隅っこでせっせと何かを作ったりしているというのが合っているんだなぁと思いました。

それと本日もブログを読んで下さっている方が何名かいらっしゃいまして、「あ、お嫁さんを撮ってる人ですよね?」とか、「実際に見ると、奥さんもっと可愛いですね」と言って頂けまして、嫁はうふふとなっていましたが、僕は若干の緊張からかぶふふとなっていたんじゃなかろうかと思います。
なんかもう、本当すみません。今日は特に人見知りっ子になっておったのです。
32歳で顔の左頬のほくろから毛が生え始めているおっさんなんですが、そこはどうもすみません。

今、冷蔵庫の近くでがさがさと音が聞こえたので振り返ると、パジャマ姿の嫁がまたしても麦チョコを食べています。
明日も嫁のおかげで売上が上がったら、お礼に麦チョコをプレゼントしようと思います。

さてさて明日も頑張ろう。
ビールを飲みましょう。ビールを。

---------------------------------------------—
↓明日の天気が気になるなぁ
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
(※上のバナーが押せないよという方は ⇒ にほんブログ村 革・革小物)

人見知り

$フィルムカメラで嫁を撮る -YOME--IMG_7066.jpg

いつも人見知りであることは理解しているんだけど、今日は特にひどい。
仕事道具のメインである木槌を忘れてきてしまい、仕事をして誤魔化せないから余計なのです。

胃が苦しくなるー

革のリュックを作れとな

昨日、岡山市のイベントに出店してきた。
急遽決まったものだったみたいで、お客さんの数は多かったとは言えなかったけど、僕も嫁もこういうのってやっぱりなんだか面白いねぇという話になった。
売上もあったし、雑貨屋さんとかハンドメイドでいろいろ作っている作家さんたちと知り合いになれたというのがやっぱり一番貴重だなと思う。

夕方になって暇を持て余してきた僕ら夫婦。

O「さてさて、またやっちゃいましょうか」
Y「そうですね。やっちゃいましょう」

そうして僕らはまた得意の、「交互にテーマを出していって、どっちが正しい絵を描けるか対決」をした。

O「いやいや、こんなホースの持ち方じゃダメだよ。め組の大吾をちゃんと読まないとダメよ」

Y「あ、そっかー。そうだね汗かくのは発想に無かったー」

O「やべぇ。全然これだめだ」

Y「うわ。ゴロ、これって…。なんでこんな人描いたの…」

そんなやり取りが生まれた絵は↓

$フィルムカメラで嫁を撮る -YOME--遊び絵

上が僕。下が嫁。

左から、「消防士」「インド人」「庶民派の中華料理屋で働いている中国人コック」「昭和の子供」「スター」の順である。
いい勝負をしていたのに、最後の最後、スターのところで僕の惨敗でした。
でもちなみにこの「スター」のときのルールは、袖の下にフリンジみたいなのをつけちゃダメという厳しいルールだったのです。

その戦いが終わったあと、僕はその場で首輪とかを作り、嫁はイラストを描き続けます。
そして嫁は言うのです。

「ゴロ、昨日ねコート買ったんだ」
「あーそうなんだ。どんなの?」

「こんなPコート。黒いやつ」

そう言って嫁は僕にイラストを見せる。

「それでね、今ね革のリュックが欲しいなと思ってるの。こういうのか、こういうの。そしたら冬はこういう格好出来るからいいなーと思って」
「ほぅほぅ」

「それでゴロさ、作って。リュック」
「…。」

「誕生日プレゼントに」
「ふむ。なるほど、そうきたか」

そんなわけで、嫁の誕生日は12月の末なんだけど、なんとか今月中にキャメルの革のリュックを作ることになりそうです。
嫁の為に作った作品は、大抵良い結果になります。

その辺もどうぞ乞うご期待。

$フィルムカメラで嫁を撮る -YOME--革のリュックを作る

それと、そのときに嫁が描いてたイラストを使って、嫁のブログのテンプレートを変更しました。

 ⇒ 嫁のブログ

表示が変わらんよーという方は、「F5」ボタンを何回か押すと変わるかもしれません。
仕事しまーす。

---------------------------------------------—
↓革の仕入れしちゃいますかい
にほんブログ村 写真ブログ 人物写真へ
(※上のバナーが押せないよという方は ⇒ 人物写真ランキング にクリックお願いします)