クラベル

 
 昨日、ドッグカフェに行ってきた。
 仕事の延長で、ドッグトレーナーのロッタさんが飼っているバブスケの脚回りのサイズなんかをちょろちょろと測らせてもらい、どうしてチャビを連れてこなかったの? え、だって、あいつ、ここに来たら走り回るよ。 と相成って、ロッタさんとカフェの奥さんと娘さんと犬2匹と戯れた。
 恐らく、しつけの問題なのだろう。
 そこにいる犬2匹は驚くほどに賢くて、飼い主にだっこされてうへぇ~となっていて、ロッタさんはしきりに玉袋の話で盛り上がり、僕を含め他3名はロッタさんの玉袋談義を無理矢理聞かされた。
 ロッタさんが飼っている犬は、トイプードルで、去勢をしている為に玉袋が無い。
 僕と暮らしているチャビスケは、今のところ生まれたままの体なので、メシを食うときも、寝るときも、走るときも玉袋をぷるぷると震わせている。
 ふと我に返り、玉袋の無いバブを見ていると、僕はなぜか一句詠みたくなる。
 玉袋 あぁ玉袋 玉袋。
 チャビスケよ、とりあえずお前の玉袋を除去する気は無いが、あまりにも悪いことし続けたら、ロスト・TAMABUKURO だよ。
 BUKURO 最高。
 このブログ、一応うちのショップからも店長日記としてリンクしている為に、このところお客さんから 「ちゃびちゃん可愛いですね」 といったことを言ってもらえている。
 ありがとうございます。そして、色々すみません。
 でもつい先日、ミャケ君たちが我が家に遊びに来るということになったので、早速これはチャビスケも綺麗にせにゃならんぞなもしと、風呂に入れてシャンプー攻撃を開始。
 もう風呂にも慣れたようで、チャビスケ目を瞑って気持ち良さげな顔のまま、被シャンプー。
 よし、これで綺麗になったな。 よしよし。
 さぁチャビスケ。 体を乾かすのじゃー と、タオルで拭いてからドアを開けて解き放ち、チャビスケは居間に向かって走る。
 僕はその間、風呂に入り、さぁ~て 風呂から上がったら仕事じゃなもしとフンフフンと素敵シャワー。
 居間に戻る。
 チャビを見る。
 チャビスケ
 積年の汚れが体から全て落ちたようで
 毛がふっさふさ。
 1.5倍に膨れ上がっている。
 チャビには本当に申し訳ないけれど、そのチャビを見て、僕の中のパワー オブ ラブは、さよなら オブ ラブへとイッツ スモール ワールド。
 そんなこんなで盛り上がっていたら、ミャケ君、ミャケ子が登場して、パスタを作ってあははうふふ。
 すると、ミャケ君から今年一のショックな台詞。
「山田さん」
「なに?」
「わぁ、富山離れることになりました」
 一瞬、ミャケ君は一体何を言っとるんだと。
 ミャケ君が、私を置いていくなんて
 嘘よ
 そんなの 嘘よ。
 嘘でも良いから好きって言って。
 そんな変な女の人みたいな感情になり、え、本当に? と訊き返すと、残念ながらこれ本当。
 あぁ
 父ちゃん
 母ちゃん。
 俺、富山にいる唯一の友達をあと数日で失ってしまうよ。
 そんな郷愁に耽る。
 それから数日後、彼氏いないことでお馴染みのあかねちんこが遊びに来て、チャビは大喜びであかねちんこに飛びつく。
 僕は心の中で叫ぶ。
「 ちゃーび 頑張れ  ちゃーび 頑張れ 」
 あまりにも飛びつくので、チャビはゲージという名の独房へ。
 そのときの僕は、すでにミャケ君を失ってしまうことのショックから、無駄にネガティブな方向へと突っ走っていて、あかねちんがいくら僕に 「ダーヤマさんって素敵よね。 私、惚れ惚れしちゃう」 と言ってきても、うん、ありがとうとだけ告げるようないけずな男になっていた。
「ヤマさん、どしたの?」
「いや ちょっとね」
「何かあったの?」
「うん、いや実はさ。 ミャケ君っていうナイスガイが富山からいなくなっちゃうことが決まってね、俺ったらもう友達いない男No.1になったんよ」
「そう…」
「うん。 楽しかったなぁ…。 海に行って、ミャケ子に俺のナマコとワカメを見せたりさぁ 釣り行ってミャケ君が 『たげ 大物じゃー』 と言って頑張ってるから見ていたら、漫画みたいに変なごみとかを海から釣り上げたりさぁ…。」
「そっか…。 じゃあさ、私、なるべく遊びに来るようにするわ」
(…ここだ)
 男は狼。
 生きてる限り狼。
 あかねちんこのその台詞を訊いた瞬間、僕の頭には 「そうや。おいどんは狼ですたぃ」 といったアドレナリンがもりもりと溢れ、それが溢れすぎてしまった為に、僕はあかねちんに言う。
「あかねちん  俺と結婚しよう。 ミャケ君なんか遊びよ 遊び」
 本来ならここで、弱っている素敵ボーイの僕からの突然の求婚に、もうあちしズッキューン☆ となったあかねちんが、ダーさんったら羊の皮を被った狼さんなんだから☆ いいぞ☆ あちし、ダーさんと結婚しちゃうぞ☆ となる予定だったものの、あかねちんから出て言葉は
「いやだ」
 という 三文字。
 そして僕の頭に浮かんだのは 「現実」 という名の二文字でした(←なんか名言ぽくね?)
 いやー どうすっかなー。
 妹がワーホリから帰ってきたと思ったら 「どもども~☆ 純子だよ~。 帰ってきましたー。 それで和にぃ に一つ報告があります。 純子ね、大輔と結婚することになりました~☆」
 そのメールを読んだ僕の第一声は
 大輔って だれじゃーぃ!!!!!!
 名前に 「スケ」 が入る男にゃ ろくなのがおらん。 考えてみろ、ほれ、いるだろう。 俺のまわりにいる名前に 「スケ」 が入っている男。
 そう
 ケースケ。
 もうだめ。
 もう兄ちゃんはだめです。
 妹がスケに取られるなんて あちし我慢できません。
 うん。頑張れ。 だいすけ。 10月末に兄貴の結婚式の出る為に北海道帰るけど、そのとき俺に会ったら
「 うーわ 格好良いっすよね お兄さん。 想像を遥かに超えてますね」
 と、言えたら合格。
 それが無いなら、俺は一生君のことを、ケースケと呼びます。
「いや ダイスケっす」 とか言われても 「あー めんごめんご ケースケ」 って言いながら、鼻で笑うというスピリチュアル・アタックを延々と繰り返しますので、何卒、あ、何卒、ご了承ください。
 俺だけが4人の兄妹の中で独身だぁね。 良いのよ。 俺にはチャビがいるから(←敗北者)
 あ、それと、本日は親父の誕生日だったので、先ほど親父に電話。 出張中とかで東京にいるらしく、愛する妻に会えない親父は若干元気が無い。
 そこで僕は更に元気をなくしてやろうかと、早速親父に妹の結婚話を振ってみたところ
「…。 うん。」
 がんばれだいすけ。
 とりあえず我が家に挨拶に来たときには、親父を見てすぐに 「前々から思ってたんすけど、お父さんってトム・クルーズに似てますよね」 って言えたら合格。
 それが無いなら、俺と親父は一生君のことをケースケと呼びます。
 話は飛びますが、僕の全然当たらない直感として、そろそろ僕のマドンナ、まどかっぺが結婚すると思います。
 まどかっぺ。
 そんな男とは別れて、俺と結婚しよう。
 あかねちんこなんて 遊びよ 遊び。
 うん、それにしても不思議だよねー。
 なんで俺、結婚出来ないんだろう?

それはまるで鼻の無い熊のように

 男と女、アホが多いのはどっちでしょう?
 そういった質問を浴びせられたら、十中八九 「男」 と答えるだろう。
 多分それは正しい。
 男の方がアホなのが多いのだ。
 特にそれをどのシチュエーションで判別するかを考えるに、最も適した事象とは 「雨の日」 である。
 雨の日の男はいくつになってもアホである。
 先日、雨降りの日に傘をさして近くのスーパーへと行き、晩飯はペンネでも食いましょうンネと食材を買い、さてさて帰って一仕事して風呂入ってビールじゃなもしと店を出てからその後の山田スケジュールを考えながら歩いていると、雨降りの中で中国人と思しき男女が口論をしていた。
 女の人は傘をさして早口で何事かをまくし立て、それを言われた傘をささない髪の毛びちゃびちゃの男性は 「もう怒ったアル」 みたいな感じで、また何事かをまくし立てていた。
 口論するのは勝手だが、せめて傘をさして喧嘩すりゃいいのに、あんたら一体何をしとんの? と思っていたら、その口論の内容は恐らく 「傘を貸せ」 「嫌だ」 という内容であったことに気付いた。
 なぜなら理由は簡単である。
 男が女の傘を取ろうとしていたからだ。
 いやいや、きっとそんな内容の口論では無かったんだろう。
 あまりにも喧嘩がエキサイティングしてしまった為に、本当は仲良く相合傘をする場面だったのによくわからん人前でも平気で喧嘩できるくらい腹の立つことがあり、結果男性はびちゃびちゃになっておらーとなり、「 あ、 そういや。 傘返せ 」 みたいな感じで傘の奪い合いをしているのだ。
 いずれにしてもどのような内容の喧嘩であれ、女の子から傘を奪おうとするその男はどう見てもダメである。
 ここで本来であれば僕が彼らの中に割って入り、まぁまぁそんなに怒ったらダメアルね。 ほれ、俺の傘を使うアルよ と言うべきところなのだろうが、やはり基本的にデタッチメントでいたい僕としては、そんなところにわざわざ首を突っ込むこともなく、異国に来て傘の取り合いをしているしょうもない二人の前を通ってチャビの待つ我が家へと向かう。
 そして横断歩道まで来たところで雨は更に激しさを増し、それでも後ろからは傘を奪い合う喧嘩の声が聞こえ、あぁなんて面倒くさいんだろうと考えていたら、前方から物凄い勢いでチャリをこいでいる男性を発見。
 見た目からすると僕と同年代だが、眼鏡をかけて髪の毛はワカメみたいに頭にへばりつき、それでも右に左にとハンドルをぎゅんぎゅんさせながらこちらに向かってぎゅいーんといったスピードで向かってくる。
 そして彼が僕の前方約4メートルのところに差し掛かったとき、僕は気付いた。
 男はそのどしゃ降りの雨の中、鼻歌を歌い、そしてなぜかにやけていた。
 あぁ、男ってなんでこう、雨の日になるとアホなのだろう。 僕はそう思って彼から視線を外し、横断歩道を渡って家へと向かった。
 家に帰ると、やはりチャビスケは尻尾をぐるんぐるん回してきゃっきゃきゃっきゃと飛びついてきて、これこれチャビスケ、おぃたんは痛いぞー。 よぉーしよし。 ほれ、ごろーんてしな、ごろーんて。
 よぉーし。
 なでなでなで
 なでなでなで
 あ こちょこちょこちょこちょ
 あ なでなで
「ちゃびー。 さっきね、雨の中でアホな男二人も見たよ。 あいつらどうもならんな」 と、僕はチャビの腹を撫でて話し、いや全く、犬よりもアホだよなと更に腹を撫で、じゃあ晩飯の準備でもしますかねとキッチンの方へと向かった。
 そして僕は見たのである。
 そして一つ悟ったのである。
 雨の日に、男は頭が少しおかしくなるんだと、チャビのいたずらによってそれは一つの真理となった。
 チャビがやったイタズラとは ↓ である。

鼻がボーン


 これはもう、プーさんではない。
 鼻の無いただの熊のぬいぐるみだ。
 そしてなぜ、これが我が家にあるのか?
 正直、なぜあるのか全くわからない。
 誰が置いていったんだ?
 あの子か? いや、あの子かな? いや、きっとあの子だな。
 うん、絶対MBのものだ。
 さよならプーさん。 今日から君は 「鼻無し熊」 へと降格だ。

生活リズムの変化と赤ちゃん言葉

 犬を飼ってからというもの、生活リズムにおかしな変化が生まれてきた。
 今までは寝起きは布団の中でごろごろしたい感じだったけど、目が覚めてチャビ野郎を開け放つとまずはおはようの挨拶ということで朝からディープな接吻攻撃。
 気付けば口の中に舌を入れられ、うぶぇぁ と声にならない悲鳴をあげてこのやろこのやろと朝からキャッキャキャッキャと戯れる。
 簡単な朝食を食い、だーめ これは俺のだっての とうふふとなり、なにようんこしたいんかこのやろうと散歩に出かけたりもしてしまう。
 帰宅してうへぁと風呂に入り、風呂上りにほぼ全裸のハードボイルドな格好で居間に戻ると、なぜかそれを見ておかえりなさいの接吻が始まり、風呂上りだってのになんだか微妙なテンションに落ち着く。
 フリスビー、変なぬいぐるみ、ティッシュの奪い合いという一連の遊びを終えると、チャビングはうへぇとソファの上で眠り、なんだか急に寂しくなってチャビ野郎にちょっかいを出す。
「わんわんわん わぉーん」 と、三十路手前の男とは思えない、かなり本気の犬の鳴き真似をするも、全く以って我関せずな態度でシカトされ、それにも懲りずに更に三十路手前の男とは思えない、四つんばいになって居間をチョロチョロして犬になりきる、通称 「犬ごっこ」 が始まる。
 チャビスケは犬ごっこが好きで、お互いに ヘッヘッヘッ と舌をだらりと垂らして、ちょっかいを出し合い、お互いに飽きるとまたソファの上で休む。
 ここまで読んで 「あぁ、山田って男は頭がおかしいんだ」 と思った方もいるかもしれない。
 大きなお世話だ。 楽しいんだから。
 仕事を終えて帰宅すると、やはりまたかなり激しい接吻攻撃が再開され、こぉーらぁ だぁーめでしょ と、新婚よりも新婚ぽいとてもセクシーな声を出し(三十路手前の男)、チャビングがちゃんとトイレでウンコとかしているのを発見すると 「おー 偉いでちゅねー」 と、頭を撫でまくって赤ちゃん言葉で褒めちぎり(三十路手前の男)、「ちゃび~」 と可愛い声を出してチャビ野郎を抱きしめる(三十路手前の男)
 そんな三十路手前の男。
 それが
 俺だ。
 否
 俺のイズムだ。
 だがこのままではいけないんじゃないかとこのところ少しずつ感じてきていて、まず落ち着いて本を読むことが出来なくなったし、仕事にもそこそこの支障をきたすのは否めない。
 よし
 もう少しこう、男らしい野郎に育てないとダメだなこれ と思うものの
 昨夜はチャビングと一緒に眠りました。
 朝起きたら、やはり賢い我が愛犬はトイレに汚物をこんばんはさせていて、どうしてこう賢いんかなぁこの子は。 お前もしかしてあれか? 警察犬とか盲導犬とかになれるんじゃないの? と、冗談ぽく言ってみるものの、実際には結構本気でそう思ってしまっている自分が嫌だ。
 いかん いかん いかんぜよ。
 可愛くて賢い子犬に心を奪われている暇など無いのだ。
 さぁ、明日っからはもう、スパルタだ。 否、スパルタンXだ。
 どうも皆さんワンばんこ。
 犬なだけに。
 チャビスケは僕の心を独占しているのだ。
 これじゃあダメじゃないか。
 心の独占禁止法だ。
 犬なだけに(つまり、【独占】 の 【どく】 が 【Dog】 に掛かってるわけ。 わかる? すごいしょ? うまいべ?)
 よし
 説明っぽくなったので、おやすみなさい。
 今夜は厳しく、チャビと寝ます。

遊びすぎ


「なによ? フリスビーしたいんか? ったくしゃあねぇなこのやろう。  ほれ」
「おーし、えらいじゃなーい。 じゃあもう1回。  ほれ」
「ほっほーぅ。 賢いじゃなーい  ほれ」
「あ ほれ」
「ほれほれ」
 仕事をしようと思うと、その辺でしょんべんじょろり
「な゙ーーーっ」
 掃除して、さて仕事すっか と思ったら、遠くからごりごりと音が聞こえて、なにしてんの? って言いながらちゃび野郎のとこにいくと、普段から 「掃き溜め荘」 とか 「少し頑丈な段ボールハウス」 と呼ばれている我が家の壁に、必死に穴を開けてる1匹の犬を発見。
「てめぇ 許さん」
 山田の、否、「山ちゃんの優しさプンプン攻撃」 によって、しょぼくれるちゃび野郎。
「はいはいごめんごめん、怒り過ぎた。 ほれ、フリスビーじゃ   あ、ほれ」
「よぉーし」
 しばらくはこんな生活が続きそうな気がします。 とんでもなく眠い日々。
「チャビ」 という名は、誰かに 「なんて名前なの?」 って訊かれたときに答えるくらいになってきて、このところ 「チャビスケ」 「チャビ野郎」 「チャビ男」 などと自然に呼ぶようになった。 これは多分あまり良くないっぽい。
 つい先程なんか 「チャビング」 という名まで飛び出し、まるでチャンドラー・ビングの略みたいだなあははと、ケースケと吉口くらいにしか伝わらないような独り言を吐いた。
 あ、そのチャビングは、柴犬とワイヤーフォックステリアのMIXで、柴の短い毛の上に、テリアの長く弱いパーマの毛がふぁさーっとなっている。
 毛があまり抜けない。 あまり吠えない。 無駄に寂しがり。
 そして
 ウンコを食べる。
 先程、可愛いのに彼氏いないことでお馴染みのあかねちんが来たので、「あかねちん、今ねうちの中すんげー臭いけど良いの?」
「臭いって言っても、犬の匂いでしょ?」
「いや、ウンコのニオイ」
「え、でも大丈夫だよ」
「ってかね、ウンコより臭い
「またまたー。 山さん大袈裟だから」
 つって、我が家に入り、「チャビちゃ~ん」 とあかねちんが言ったあとすぐに
「…。 うん…。 ちょっと…。  だね…」
 と残念なご報告を頂戴し、本来であればもうボクチンうんこしないよワンワンとなるべきときにも関わらず、チャビはあかねちんの足のニオイを嗅ぎに行こうと必死になり、飼い主に似るからねーってベタなことを言う人がこの世の中にいないことを祈って、まーたフリスビーで遊ぶびー。
 ここで一句。
 ウンコより
 臭い我が家は
 ウンコ モア。
 松島や
 嗚呼松島や
 松島や
 山田家や
 ウンコより臭い
 ウンコ モア。
 お後がよろしいようで。

げきちん

「おっけー」
 80歳近いであろう、我が家の大家さんが言い放った台詞である。
 早速、ドッグトレーナーのロッタさんに連絡して、なんかこう、ものっ凄いあれなのっていないかなぁ?
 そして縁あって登場し、一目惚れしてコンニチワした。

 山田、MB、ミャケ君、ミャケ子、りおちゃん、あかねちん
 撃沈。
 可愛い過ぎる。
 俺もう、うへへへへ と変態おじさんになった。
 輸入家具のオーナー、奥さん、ホソップに写真を見せる。
 撃沈。
 名前 「チャビ」
 これが、我が家の主役じゃ