6月の予定

$フィルムカメラで嫁を撮る -YOME--妻を撮る

おかげさまで仕事は忙しく、どうやら今月は休み無しで働くことが確定したわけなのですが、6月に入ったらちょっとだけ撮影旅行に行こうということになりました。

今回は小鉄は留守番をしてもらい、嫁と二人でカメラを持ってどっかにぶいーんと行くことになり、その間の小鉄さんはうちの店の商品を集荷に来てくれる郵便局のおばちゃんがいるんだけど、その方が小鉄ファンになって下さって 「旅行に行くんなら預かるからね、ゆっくり旅行しておいで」 と言ってくれているので、お言葉に甘えようという方向で動き出しています。

うーむ、小鉄が人見知りしなくて、遊んで遊んでってなる子に育って嬉しいだす。

今注文は大体3ヶ月待ちくらいの状態で仕事を頂いているんですが、大きなバッグの制作は再来月の納期なので、6月はいずれも大体2日くらいで完成するものといった注文が多い月。
なのでその合間に2泊か3泊くらいの旅行をしても良いのではなかろうかというのが、我ら夫婦の目論見なのです。

そして6月の後半からは一般のお客さんの注文とは別に 「親族days」 と題して、今までに 「暇があったら作ってー」 と言われていたものを制作するぞえいえいおぅという期間にし、今まとめてみると皆さんほんと気をつかって頂いてすみませんといった数の注文になっていました。
その為の革も明後日の火曜日にまとめて入ってくることになり、更に追加で昨日もタンナーさんに革を発注させてもらったので仕事が忙しいってのは良いことだなぁと改めて実感しとります。
おかげで知らなかったものとかをもりもりと吸収させてもらっているこの頃は、今まで作ったことの無いものが多くてその分刺激もたくさんなのです。

今作っているバッグ↓も

$フィルムカメラで嫁を撮る -YOME--手作り 鞄

なるほどこういう方法があったかーっていう発見があって、そのへんがオーダーメイドの楽しみの一つだよなぁとも思ったりしているのです。

ここからまだ更に色々やって最終的に鞄の形に仕上がると、また雰囲気が違ってきたりするのでそういう完成形を想像しながらも、出来上がったものが自分の思っていたものよりも良いものに仕上がっているとしばらくうふふーとなりながら、嫁に 「これ、どうかねー?」 って言う瞬間がちょっと好きです。

さてさて旅行はどこさ行くべな?

鳥取でのんびりうふふ観光、広島から四国へ渡る瀬戸内海沿い1周ルート、直島・小豆島・犬島などの島を巡って猫とか犬とかを撮るルートなどなど、想像を膨らませながら本日も働くんですたい。

---------------------------------------------—
↓小鉄が新聞紙のニオイをずっと嗅いでます。どうやらそれが彼の嗅覚のツボらしいです。
フィルムカメラ ブログ
(※携帯の方はこちらにお願いします)

赤穂と日生が好きだ

出張で姫路に行ってきた。今回は僕一人である。
小鉄も嫁もいない車内、ひとまず変な声を出してみたり、僕が得意としている鈴木宗男のモノマネのレベルを上げるべく練習して一人でニヤリとしたり、歌ってみたりした。

「素敵な車内」って映画が一本作れるんじゃないかと思うくらい、他にもしょうもないことばかりしていた。

今回作ってもらう革の色や厚さについて、タンナーさんと打ち合わせをして数枚単位で発注させてもらい、すでに仕上がっていて在庫品となっていたグローブレザーがあって、それがどうにも僕のツボだったのでこれも下さいとお願いして、同梱してもらうことになりました。
仕入れ用のお金は一応別にしているので、そのときだけは少し経営者っぽいです。ただ、自分の財布から出すときは100均が主戦場です(しかも恐る恐る)

なんか「この商品、売れるかな?」みたいな感じで仕入れていったら、僕はきっとどんどん良くない方向へと突き進み、スタンダードなものは仕入れずにあまりにもマニアックだったり、使い道がよくわからないものだったりが大半になりそうなので、こういった素材を仕入れるというのは精神衛生上とても好ましいのです。

あとはこちらのセンスとか技術次第というこのシビアな感じ、なんかちょっとぞくぞくしますよね。

そんなわけで帰り道、途中でも更新しましたがホームセンターに行って何も買わずに出てきて、どうしよっかなーまっすぐ帰るかなーと思っていたんだけど、せっかくだから赤穂浪士でお馴染みの赤穂市街を通って帰ろうとぶぃーんと運転。

以前、Nonkiさんの2号店のオープンイベントに参加させてもらったときに、赤穂には行ったことがあってかなり僕としては好きなところだったんだけど、途中でどうにもなんか見たことある道だなーと思ったら、そのNonkiさんの店のすぐ近くの通りであることに気付き、定休日だというのは知っていたので、わーぃとお店周辺をうろうろ。
やっぱり赤穂市はええなぁと一人でぼそぼそと言って何枚か撮影。

そして、そこから岡山県の備前市に向かったんですが、途中でちょっとショートカットだーみたいな調子こいたことをしたらですね

やっぱり迷いまして

どうしたもんかなと思っていたらなんともこれは観光地だ、これは観光地に辿り着いたっぽいと思い、車を降りてふらふら。

フィルムカメラで嫁を撮る -YOME--赤穂浪士
フィルムカメラで嫁を撮る -YOME--にゃむにゃむ

なんか、赤穂浪士を祀っている(?)寺に入り、うわーとこうしてiPhoneで撮ってみたり、昨日から仲間入りしたKLASSEでなんとなく撮ってみたりして一人で遊んでいた。

しばらくするとまた雨が降ってきたので、あぁこりゃいかんと車に走って戻り、濡れたなぁと言っていよいよ元のルートに戻るべしと細い道を運転していたら、有難いことに郵便配達の人がいたので車を停めて窓越しに道を聞き、僕が結構道を聞くと多くの人に言われる 「こっち、逆方向ですよ」 という台詞に対し、僕はもう慣れているので 「 テヘヘ 」 と愛想笑いを返します。

そしてようやく道がわかり、ありがとうございましたとお礼を言ってそのルートに乗り、おっし帰るべかーと思っていたらどうにも僕好みの街に入る。

その名は、日生(ひなせ)。
牡蠣がよく採れるところらしく、牡蠣を使ったお好み焼きとかを売っている店があったんだけど、どうにも駐車場が無くて困ったなぁとなり、ぎりぎりなんとか停められそうなところに停めて何枚か撮っていたら、この場所に到着。

フィルムカメラで嫁を撮る -YOME--スナック

多分その頃、13時くらいだと思うけど、思いっきり外まで女性の歌声が辺りに響く。

良い。こういうの、良いなぁと思う。
今更になって、なんで店に入らなかったんだと少し後悔。

そしてそのまま狭い路地に入って撮影をしたり、なんだこれ? うっへー、とか独り言をぼそぼそしゃべったりしていたら、川に辿り着き、うわなんだよこれ? って感じの川だったのでそこにいた魚屋のおばちゃんに早速声を掛け、ようやくその謎が解ける。
その説明を聞き、「おばちゃん写真撮らせてー」と言い、シャッターを切る。

僕は写真を撮るという行為はもちろん好きで、だからこうして毎日続いているんだろうけど、こうした初見の人に撮らせてもらったりというやりとりも結構好きなのです。
基本的には人見知りなんですが、昔「嫌だなと思う仕事をしてみよう」ということで、昔から苦手で絶対にやりたくなかった飛び込みの営業の仕事をしてからというもの、自分から知らない人に声を掛けることに関してはもうほぼ苦手意識は無いのです。

その分、自分が店をやっていてお客さんが来るというタイプの出会い、つまり「販売」はすごく苦手で今もたっぷりと苦手意識があります。
なんでみんなあんな普通にできるのか、本当に理解しがたいなーと今でも思うことがよくあります。

そしてそこを離れてちょっと進んだら、なんかスーパーと道の駅がくっついたようなところがあり、どうにも腹が減りすぎていたんだけどチェーン店のものは食べたいテンションじゃない。

なので僕の昼飯はこれになりました。

フィルムカメラで嫁を撮る -YOME--タコスケ

なんとも一人ではちょっと胸焼けしました。なのでご覧の通り、最後の方はタコだけを食べました。
せめておにぎりも一緒に食べるべきでした。

そしてそこからようやく家路に着き、夕方過ぎに到着したら小鉄からの熱烈なべろべろ攻撃を受け、嫁が「電話きてたよー」とメモを渡してくれてホームページを見たら、とあるブロガーさんが結構前にその店に言ったよ、すってきーと書いていたところで、電話をし
たらうちの店の製品を取り扱いんだけどというお話でした。

以前にも他のところからそういった話は時々頂いていたんですが、僕一人でオーダーメイドがメインなのですみませんとお断りしていたんですが、こうして嫁が入ってくれたので少量ならば大丈夫だと思いますと答えました。

まだ本決まりではないのでお店の名前は伏せますが、夏頃にはうちの店の製品がどなたかが住んでいる近くのお店で直にさわれると思いますので、決まったらまたこちらで告知させていただきますー。

そんなこんなで、このところ本業も写真の方も嬉しい話を頂くんですが、こういうときこそしっかりやらねばねぇと嫁と話し、僕は今からチョコを食べます。

---------------------------------------------—
↓あー、そろそろ広島方面にも行きたいっす。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
(※携帯の方はこちらにお願いします)

羽を伸ばす

$フィルムカメラで嫁を撮る -YOME--IMG_0721.jpg

姫路に一人で仕入れに行き、ひとまず何枚か発注させてもらって出張は完了。
嫁からのメールで、久々に羽を伸ばしてきてねーと入って、おーぅと返信したんだけど、まずは僕はどんなことから羽を伸ばすべきなのかと考えたんだけど、さほど羽を伸ばすほどのストレスもなく、でもそのまま帰ってつまらん旦那だなと思われるのもまずいので、よくわからんけどもホームセンターで羽を伸ばしてみた。

そして店から出たら、なかなかの強い雨が降っていて、よーし、こりゃもう帰るしかねぇなと車に乗り込んだ。

僕は羽を伸ばすのが苦手なのだ。

ロゴを作ってもらった

$フィルムカメラで嫁を撮る -YOME--ろご

グラフィックデザイナーの友人にうちの店のロゴを作ってもらった。
以前にも一度手伝ってもらったことがあったんだけど、そのときのお礼ってなんだっけ? なんかを多分作るという物々交換のシステムで、今回も良い感じのベルトが欲しいとのことだったので、今嫁が作っているベルトが良い感じになりそうだからそれっぽいのはどうだべかということに相成った。

こういったグラフィックデザインだけで食べていくのって本当に大変だろうなと思うんだけど、それを形にするまでの間に頭の中であぁでもないこうでもないといろんな情報とか相手の人とか、店の名前の由来だとかなんとなくなカラーとかをぐわぁーっと練り込んで、あー、あー、あー、これだーって感じで形にしたものが相手に喜ばれたらすごくうれしいんだろうなぁとなんとなく思いました。

おっし、今日はもう寝よう。

明日はフィルムが届くので、今から楽しみで寝れるか心配だわ と書いてみたけれど、僕は布団に入って目を瞑るとすぐに翌日になっているタイプです。

寝よ寝よ。

---------------------------------------------—

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
(※携帯の方はこちらにお願いします)

嫁が作った革の小物と、写真の仕事

$フィルムカメラで嫁を撮る -YOME--juba

昨年末に「革のぽち袋作りましたー」って記事を書き、このブログを読んで下さっている方からも沢山のご注文を頂いたんですが、それを正式に一つのシリーズとして始めようと1ヶ月前くらいから微妙に準備を進めていました。

今回、嫁に手伝ってもらって作っていたのはこの作品で、正式な名前を色々悩みまくって、最終的に 「Juba(ユバ)」 としました。

今日現在では黒と白の2色で顔も同じなんですが、これからちょっと自分なりに展開を考えていたりして、僕らは勝手に盛り上がって新しいキャラの名前なんかもいくつか決定したりしています。
こういった誰かと一緒に仕事が出来るという環境になると、アイディアとかも色々浮かんで楽しいなーと更に僕は思ったのでした。

まだ店にアップしたばかりなんですが、はぁそんな風にやるんだなぁとなんとなーく思って頂けたら嬉しいです。

商品ページは⇒ ここ

本日はちょっとだけショップのページ改変とか、オーダーメイドについてのホームページも少し変えたりしてどうにもホームページの日になりそうです。

それとちょっと前に、このブログを読んで下さっている方から 「我が家の家族写真を撮って欲しい」 とか、「うちの嫁を綺麗で自然な感じで撮って欲しい」 「うちのワンコと一緒の写真を撮って欲しい」 と言ってくださる方が結構いらっしゃるんですというようなことを書いたんですが、それを書いてから更にそういった反響を頂くようになってきました。

このブログのアクセスも徐々に徐々に上がってきて、昨日は5000hitくらいまでいっていたので、そう思って下さっている方が多いのかなーとかも思ったりしていて、そして何よりもそういった愛妻家の人って基本的になんか良いですよねと僕は思うんです。
そして旦那に愛されているのは嬉しいんだけど、なんかちょっと困っている感じの奥さんとかって、人としてすごく魅力的だなーとかそんな風に思ったりしています。

そんなわけで本業に迷惑を掛けない感じで、そういった仕事もしていけたらなぁとか思っていますということをなんとなく書かせていただきました。
それともしかたらもう一つ違う媒体の写真の仕事を頂くことになるかもしれず、そこは決まれば追々なんか書いていくのかもしれません。

よし、ホームセンター行ってダンボール買ってこよ。
今思ったんだけど、「ダンボール」って言葉って響きがすごいですね。

---------------------------------------------—

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
(※携帯の方はこちらにお願いします)