草むしる

 

 こりゃいい加減に草をむしらんとダメね。

 そんなスローガンを掲げて店の周りの草むしりを始めたわけなんですが、それまでの長い放置期間がある為にそりゃもう相当な長さにまですくすくと成長しておったんです。

 こりゃもう、何かのアイテムを使うしかねぇべさ と相成り、ホームセンターに行って (せっかくだから店の前を畑にしちまおう) とよくわからない山田のシナプス君が命令を発してきたために、どのクワが最も畑を耕すのに適しているのかとムンムンムンと唸りつつ、980円のクワを見て 「よし、これだ」 と店内で独り言をぶつくさ言い、それを持ったまま、まーたドライバーとかスケールとかが置いてある棚まで歩いてね、「このプラスドライバー欲しいぜー」 と一人で祭りをしとったわけです。

 あぁ、このドライバー良いなぁ

 この1mの定規欲しいなー

 この木槌買っちゃおっかなー

 と、得意の 「ホームセンターのマーケティングに食われるの術」 を使っておったんですが、結局またまた 「まぁ、持ってるからいらないんだけどね」 となりまして、クワの棚に戻りました。

 この振りかざしタイプのクワだけじゃなく、小さくて女の子が使えそうなのもあれば

「山田っち☆ あちしも畑耕すぞ☆」

「わぉわぉ☆ おいらは君の屯田兵さ☆」

「もう☆ あちしの根っこを奪う気ね☆」

「エヘヘ」

 とかよくわからんこと言えるかなぁと思ってね、298円の小さいのも手に取りました。

 それから除草剤も吟味して、よぉーしこれでおいどんも立派な耕しマンだぜー とレジに行き、ピッとやって、ひゃくまんえんです と言われたのでひゃくまんえんを手渡して、さて店に戻るべかとフンフフンと出口に向かったら、僕が持っていて振りかざしタイプのクワが長いのを忘れていて、出口の自動ドアがまだ開ききっていないのに突進した為、駅の自動改札で券を逆向きに入れて ビー となったときのような感じで僕の前にクワの柄がドアでかっちり固定され、意識ではわかっていても体は前進したために

「げぇーーーー」

 って自然に声が出て、僕は痛いお腹を痛くないフリをしながら、後ろを振り返らずに店を出ました。

 そんな良い一日でした。

 

Pさんのファインプレー

 僕一人が店にいるときというのは、ほとんどお客さんが来ない。

 自称だけでなく、他称も含めて、「人を呼ばない男No.1」 だという噂のナイスガイ、それが山田です。

 昼過ぎに注文をもらっていたすんごい可愛い女の子が来店して、はい、これどうぞと彼氏さんにプレゼントするやつを手渡して、可愛い子と話すだけで僕の気分はもりもりである。

 富山のアクセントで 「今日も可愛いぜー」 と言ったら 「どうもありがとう」 と言われ、なんだか良いなぁ うふふうふふ と相成った。

 その可愛いお客さんが帰ったあと、さてチャビくんよ、おぃちゃんは仕事すっぜと、いつもの集中力、否、山田力で以って仕事をしていたら腹が減っていることに気付いた。

 時間は16時。

 朝から何も食ってないのだ。 そりゃ腹が減る。

 チャリで近くのコンビニまで行くと、一気に空腹っぷりがもりもりと溢れ、こりゃもう普通のメシじゃ足りんぜよと、カレーとおにぎりを買った。

 そう、カレーの中におにぎりまでをも突っ込むという、弁当界のゲリラになろうとコンビニ内で決心したのだ。

 店を出る直前に、ぴりりと電話が鳴り、見るとそれはおはるからの電話だった。

 おはるは可愛いし、僕のおじさんぱわーぜんかいの話にも付いてきてくれるので個人的に結構、というか大好きである。

 今日は可愛い子二人と話したぞ。

 うっひひー 嬉しいぜー

 そこでチャリに跨り、店へと戻ろうとした。

 するとまた、普段は全然鳴らない僕の携帯が大活躍で、また電話が鳴った。

 あらあらあら。

 今度はどの子猫ちゃんからの電話かしらんと、わくわくしながら電話のディスプレイを見た。

 すると

 着信   ぴやのやさん 

 その画面を見た瞬間、僕の顔から笑顔は消え、まさに 0(ゼロ) の顔になった。

 無 である。

 大人としてここはやっぱり出るべきだろうと、三十路の僕は電話に出た。

 ハイモシモシ

 すると、電話の向こうのぴやのやさんはこう言うのである。

「どこ行っとるんよ?」

 完全にうちの店に来ていること確定である。

 悲しみの確定申告である。

「あ、ちょっとコンビニでメシ買ってたんすよ。 すぐ戻ります」

 さほど急ぎもせず、のらりくらりとチャリを乗り回し、あぁ、なんでここでぴやのやさんなんだろうと思いながらも店に戻った。

 店の前にぴやのやさんの車がある。

 でも、車には誰も乗ってない。

 あれ? どこ行ったんだろ?

 と思って、中庭に行ったら、勝手に窓を開けてチャビにちょっかいを出している40歳の男性を発見。

 うわぁーい と思った。

山 「おつかれさまでーす」

P 「おぉーす」

山 「どしたんすか?」

P 「ん? うん…」

 ぴやのやさんに近づくと、小さな段ボールがそこに置いてあって、「これくれるんですか?」 と訊いたら 「うん」 とPさんは言う。

「え? なんですかこれ?」

 そう言って段ボールを開けた瞬間。

 僕は一気にテンションが上がる。

 その中身はこれである↓

シルバーの工具

 シルバーの道具セット だった。

 このところシルバーもやり始めていて、最近ちょろちょろと道具を買い揃えているんだけど、これ本当に大袈裟じゃなく、欲しいと思っていたけど、ちょうど迷いに迷って買わずにいた道具ばかりで、とんでもなく感動してしまった僕は本当に何も考えずにこんな台詞を言ってしまった。


 ぴやのやさん!


 これ、ぴやのやさんの人生の中で、初めてのファインプレーっすよ

 昔ぴやのやさんが買って、なんやかんやで使わなくなった工具をせっかく持ってきてくれたのに、10歳年下の若造にそんな台詞を吐かれても、うっさいわ と苦笑いするだけに留まる男、ぴやのやさん。

 僕は昔から一言多いタイプの人間なのだ。

 それでも寛容なこの対応

 なんて良い人なんだろう。

(※↑のように褒めているのは、どうもぴやのやさんの友人とかがこのブログを読んでいるらしく、『あの山田ってやつにボロクソに言われてるね』 ってぴやのやさんが言われたみたいなので、やっぱりその、そのご友人各位のご機嫌を取っておこうというしょうもない下心からです。 どうもごめんなさい)

 その後、道具を一つずつ手にとって、へぇ~ ほぇ~ これ欲しかったんすよ本当に などと一人で声を張りまして、その後やっと冷静になってちゃんとお礼をしました。

 それからはいつもの、しょうもない男二人のしょうもない話である。

山 「今日は暑いっすね」

P 「うん、暑いね」

山 「…」

P 「…」

山 「お茶飲みます?」

P 「いや、まだコーヒーあるから」

山 「あ… はい…」

P 「…」

山 「今日はやっぱり暑いっすね」

P 「うん、暑いね」

山 「…」

P 「…」

山 「お茶飲みます?」

P 「あぁ、もらうわ」

山 「はい」

P 「…」

 その後、カメラの話になって、僕のGRをぴやのやさんは手に取り、ピピ というピントを合わせる音が店内に響く。

 だが

 なかなか カシャ というシャッター音が鳴らない。

 すると、ぴやのやさんは言う

P 「なんか最近さ、手が震えるんだよね
山 「それ、おじいちゃんじゃないですか

P 「だぁね」

山 「うん」

 その後、やっとカシャっとシャッター音が鳴り、先ほどカメラ中のデータを見たら、こんなのが入ってた。

Pさん写真

 こんな意味の無い写真撮るのなんかもう、おじいちゃんじゃないすか。

 それからどうやら自信を深めたぴやのやさんは、チャビのゲージに近づいて

「チャビー  チャビー」

 と呼ぶものの、チャビの表情は完全なるゼロ。

「チャビ、なんで横目で見るのよ。 正面向け」 とぴやのやさんが言うと

 チャビは眠りに就いた。

 チャビ、お前もファインプレー。

「あ、やべ電池無くなってきた。 まぁいっか」

 とぴやのやさんの小さい声が聞こえてきたけど、僕はなぜか聞かなかったことにした。

 fin…

※念の為、ぴやのやさんのサイトは↓
   ピアノリメイク工房 BBピアノ

靴作り はじめました

靴作り

 店の方も少しずつ良い感じになってきて、靴の道具を(アナログなものだけは)買える感じになりました。

 そんなわけで、本日届いた大きな箱の中の道具を引っ張り出して、全然使えない感じの傷だらけのヌメ革を使ってとりあえず製作を開始。

 まぁ、テスト段階なのでまだ全然あれなんですけどね。
 まずはどうやって釣り込むんだっけか? ってな思い出し作業からだったので結構時間がかかってしまい、あとは裏を張ってかかとをつけて完成です。

 久々にこのブログを更新したらこれかよ って感じはありますが、色々と書きたいことがあってもぴやのやのおじさんに邪魔されて書いてないんです。

 はい。

 風邪ひいた

 今後、詳細は多分こっちのページ ⇒ 靴職人のページでやってきます。

もうすぐ30だ

 
 このところこのブログ、全然更新してないなぁと思い続けて1ヶ月。

 この間に桜は咲いて散り、ぴやのやさんが40歳のどうしようもないおっさんになってしまい、miさんが遊びに来てパイオツカイデーだということに気付いて喜びました。

 いやね、今月末で俺ったら30歳ですね。 三十路ですね三十路。

 僕が高校生の頃とかのイメージだと、30歳っていうと良い大人でね、小遣いとかももらえたり、小さい子供がいたり、ぴっちり横分けな感じだと思っていたんですが、悲しいかな、俺、なんだか最近ぴやのやさんのあの残念な感じに近づいているんじゃないかと思ったりするわけです。

 先日、ちょっとぴやのやさんに用があって電話したんですがね、色々と話していくうちに話題も尽きてきて、なんとなくその 「そういや、桜咲いてますね」 って言ってしまったんです。

 そしたらですね、あのぴ○のやさんって人がね、ぼそっと言うわけですよ

「あぁ、誕生日」

 うん、何を言ってんだろうと思いますよね。

 僕が言った 「そういや、桜咲いてますね」 への答えが 「あぁ、誕生日」。

 これがその、僕がもっと純粋な心を持っていて、ぴやのやさんという年上の方が何かわからないことをおっしゃっていらっしゃると考えた場合には

「え? ぴやのやさま。 それは一体どういう意味なんでしょうか? 小生にはわかりかねます」 って言うところなんでしょうけども、いよいよ30手前で 「面倒くさいこと」 と 「面倒くさくないこと」 への経験値を積んできた僕は

 とりあえず

 シカトしてみました。

 何事も無かったかのように僕はまた 「うん、桜咲いてますねー」 ともう一度ふってみたら

「そうそう。だから、誕生日」

 たぶん、僕は舌打ちするのを我慢できていたと思います。

 ぐっと我慢してGood。

 ハッとしてグッド。

 哀愁でいと(←ビバ、ジェネレーションギャップ)

 多分、「どういうことなんすか?」 って訊かなきゃいけないんだろうなと思ってね、どうせめんどいことになるんだろうってのはわかりきったことだったんですけども、やっぱり訊くことにしました。

 そしたらですね

「大体、そうだなぁ。 4月10日くらいが満開になるんだぁ…」

 とね、北の国からみたいな言い方をされまして、僕が 「はぁ」 と答えたら

「そう。それが俺の誕生日さ」

 とね、言われたわけです。

 うん。

 俺だけじゃないですよね?

 多分、俺だけじゃないですよね?

 こんなこと言われて ( フン ) って思うのって、俺だけじゃないですよね?

 そんなわけで、おつかれさまでーす と電話を切った気がします。
 もう、あの辺の記憶は消し去ったので、詳細なことは覚えてないです。

 ねぇ…。

 俺も30かぁ

 早いなー

 俺はあんな感じの人にならないように、もっとその、ジェントルマンスピリッツを磨かなきゃいけないですね。

 話は変わりますけども、このところですね、僕の知り合いの富山の女性の方々がですね、どうやら僕がいないところで、僕のことを

「山田」 と呼び捨てしていることを知りました。

 いや、別に極端にショックってわけじゃないんですけどね。

 うん、ショックじゃないですよ。

 知り合った頃はみんな優しいんだけどね、なんかその、多分だけど、

「この男 めんどくせー」 って思うんでしょうね。

 だから、呼び捨てなんでしょうね。

 うん、これ確実に P(←あの人ね)コースまっしぐらだな

 話は変わりますが、

こんな面白い話

 

「昨日、こんな面白いことあってさ…」

 で続く話が大抵あまり笑えなくて、それでもなんだか悪いからということで、「へ~」 とか言いながらなんとなーく半笑いをするか、もしくは意味も無く余計な質問をすることでお馴染みの山田です。

 本日、日曜日。晴天です。

 実はですね、昨日こんな面白いことがありました。

 チャビがロープを持って来たので、それで遊ぶべかと僕は立ち上がり、チャビの口からロープを取ろうと思って前かがみになったら、机の角に肛の門を強打して 「わぁー」 と普通に声が出ました。

 あれは口から出た悲鳴ではなく、肛の門から出た悲鳴だと思います。

「へ~」

 昨日、こんな面白いことがありました。

 ホワイトデーということで、バレンタインに唯一チョコをくれた可愛いお客さんに商品と一緒にチョコをお返ししました。

 夜にメールが来て 「バッグありがとー。それとチョコもねー」 といった内容だったので、「遅くなってごめんねー。 君のことを考え続けていたらバッグ渡すの遅くなっちゃったよ。 今度二人でメシでも行く?」 ってメールをしたら

「高級すき焼きなら行っても良いけど」

 と、完全に僕に恋している返事がありました。

「じゃあとりあえず吉野家で」

 と返信をしたら

 音信不通になりました。

「へ~」

 
 昨晩、こんな面白いことがありました。

 寝ようと思って布団に入ったら、案の定チャビも布団の中に無理矢理入ってきました。

 チャビは僕の腹に背中をぴったりとくっ付けてすやすやと眠り、可愛いなぁ可愛いなぁと腹とかを撫でていたら屁がしたくなりました。

 布団の中の密封された空間で、僕は密プゥ(←うまいべ?)をしたら、その20秒後くらいにチャビが布団から大急ぎで出て行きました。

「屁~」

 今日も山田の文才が飛び出ましたね。

 よし、今日も100点満点で合格です!