脱走

image

脱走しないように縛られている犬を発見。
まぁ怪我でもされたら大変なのでしゃあないっすな。

店に居ないときにお客さんが来てバッグの修理の仕事。
簡単に出来るものだったので、無理矢理直されている部分を解きミシンで縫製。

お客さんに電話して住所を訊いたらうちのすぐ近所だったんで持って行きますよと僕は言い、更に詳しい場所を訊いたらうちの斜め向かいの人でした。

そういうことってあるのよね。

沖縄の革製品の店

アトリエコンク コンク雑貨店

「そろそろ店舗っぽくしないとまずいよね?」と本日終業間際にジュリーと話し、なんやかんやと片付けたりして少し店っぽく変更。

明日、ジュリーが簡単な棚を作ってくれることになりまして、ようやく「店やってます」って言える状態になったのかなと思っておりんす。
このところ写真の仕事や、革製品のオーダーなども実店舗で頂くことが増えてきまして、当然のことながら店は店っぽくすべきよねと今更ながら思っておるのでございます。

 あ、店は ⇒ 沖縄の革製品の店 コンク雑貨店

で、今日午後に店に戻ったときにめずらしくうちの店の前に見知らぬ車を発見。
通常の店主であれば、(あ、お客さん来てる)って思うのが普通なんでしょうが、(誰だろ? 人の店の前に車なんか停めて)と思うのって、これ結構異常よねと思ったりしたってのも今回のもう少し店にしよう計画の良いきっかけだったんじゃなかろうかと思います。

で、店に入ろうとしたら見覚えのある男性と女性。

一瞬なんか(わっ)ってなって、「あー! お疲れ様です!」と言いました。

500のヒーローさんとミノリさんでした。

前に僕は多分「パンは嫌い。米が良い。パン食うと時々イライラする」とカウンターで話をしていたと思うんだけど、ヒーローさんたちが美味しいって言っていたパン屋さんの黒パンを買ってきてくれまして、僕はしっぽを振りました。

黒パンは好きっす。

ってか黒パンって言わないの? ハイジはいつも黒パンばかり食べていて、白パンを食べるとすっごいテンションが上がってましたよね。
あの黒パンです。ちょっと酸っぱいの。

そこにチーズをとかを乗せて食べるのが好きです。

ちなみにジュリーはチーズが嫌いです。

あ、今思い出したんだけど、ジュリーという男はなかなか変わっている人でして、先日沖縄に雪が降ったときのことを話していたんです。 
ジュリーが住んでいる家はアメリカンハウスで、その日雪というかアラレが降りまして、そうなると天井が屋根みたいなものだからアラレが降っている音が家の中に聞こえてくるそうなんです。

そしたらジュリーはこう言いました。

「うちの母親、なんか変わってるんすよ。あのー、アラレ降った日にアラレの音にテンションが上がったらしく、急に外に出て行って『わー、アラレだー!』ってすっごい喜んでるんですよね。それを見て俺、なんだかなぁって思って」と。

で、僕は変わってる母ちゃんだなと思い「あはは、なんか結構ジュリーの母ちゃんって特殊っぽいよね」と言うと、まるで靴下のニオイを嗅いでいる小学生を見るような目で「そうなんすよね、ったく」 と答えました。

そのまま話は変わって仕事の話をし、次はあれ作ろうこれ作ろうとなりまして、 そのまま「最近寒いよね」という話題に戻りました。

結構な寒がりの僕は「あんな寒い日は一歩も外に出ないわ。ずっと家に居たい」と言います。
そりゃそうでしょう、寒いのが嫌いだから沖縄に来たんだもん。

僕は「ジュリーも家に居たんすか?」って訊いたら、彼はきっぱりと「いいえ」と答えます。

「え? なにしてたんすか?」 

「なんかあれなんすよ」

「なんすか?」

俺、外が寒いと無性に外に出たくなるんです。だからすっごい寒いなーって思ったら居ても立ってもいられなくなって、そのまま服を着替えて外に出たんすよ。 なんか外が寒いと妙にテンション上がりません?」 

僕はジュリーのその発言を聞き、(この人、完全に母親の特殊さを受け継いでるじゃん)と思いながらもニッコリと笑顔を作り、 「えー、まーじすかー」 と言いました。

仕事のはなしー

時計のベルト修理 沖縄

というわけで、皆さん全くお待ちかねじゃない仕事の話。
こちらは時計のベルトが切れてしまって、「直せんかい?」と持って来て頂いたもの。

で、これがこうなります。

時計のベルト修理 沖縄

はい、こうです。

以上です。

で、引き続き皆さん全くお待ちかねじゃない仕事の話です。

今、僕らの店であるアトリエコンクは沖縄の銀天街っていうそれはそれはとっても爽やかな地域にありまして、そこにある店舗に間借りさせてもらっているっていう形で仕事をしています。
で、その間借りさせてもらっている会社のスタッフの人に僕が革製品の作り方とかネットショップの作り方、運営とかを教えるっていうちょっと特殊ですがそんな風に仕事をしていまして、そのクルーの人たちが作った作品を載せているネットショップがほぼ出来上がったのでここからリンクさせて頂きやす。
(※写真撮影、商品説明なども全てクルーの人たちがやってます)

まだまだ未熟だったりするので価格は結構落としていますので、ちょいと見てやって頂けるとこれ幸いです。

⇒ 革製品のトランクハンドワークス

一応最終チェックは僕の方でしているので、本当に使えないようなポンコツはまず無いと思いますので、どれどれちょいと小銭入れ、もしくは名刺入れが欲しかったんだよなーって方はご検討くださいませ。

あー、この時期本当に乾燥肌で背中が痒い。

どうにもデリケートなシルキーボディで大変でございます。
 

商品撮影、特集ページ作りとか

商品撮影、特集ページ作りとか

なかなかの貧乏人な僕は正月休みが終わってから、またいつものように働いておりんす。
まだこっちのこのブログからリンクとか貼っていないので、まだあれなんですけども、近々僕がやってるあと2つのネットショップみたいなものをこっちに貼らせていただこうと思っておりやす。

あまり「広告」ってものに今まで興味が無くてきちんと見ていなかったんだけど、実際に自分が作るようになるといろんな発見とかがあって、広告業界ってすげーなーと思うのでした。

 

仕事仕事ー

犬の首輪とリードのセット

仕事をしとります。
完成したのは首輪とリードのセット。

どうにも目の下にクマが出来やすいタイプで、デーモン小暮みたいになっています。

なっていません。

とってもタイトなスケジュール。それを組んだのは自分。
ちゃーんと仕事しなさい。

毎年この時期はこんな感じの生活。

小鉄は不満がどしどし溜まっているらしく、僕の持ち物をどしどし破壊しているんですが、遂に今朝、嫁愛用の財布までやられて嫁軽く落ち込む。

ただ僕はそれよりも、「あーぁ、この財布気に入ってたのになぁ。 どっかに財布作れる人いないかなぁ。 ねぇ、いないかなぁ?」 ってセリフを頂戴してニコリと笑って誤魔化しました。

よし、ピラエちゃんに財布の作り方を伝授しよう(←意味深)