小鉄、倒れる

$フィルムカメラで嫁を撮る-犬 熱射病

小鉄が倒れた。びっくりした。

午前中に銀行に行ったりせねばならんかったので、じゃあ散歩がてら用事を済ませよかいと僕らはまたしてもカメラを首からぶら下げて、なんだこれ写真撮ろ、嫁ちゃんそこに立って、もうちょっと右、そんでもうちょっと前、はいオッケーなどと言って撮ったり、こりゃなかなかファンキーなところですなーとかなり古い商店街と、その裏にある飲み屋街をふらふらとして写真を撮っていた。

暑くなるとは聞いていたけれど、午前中だし気温も多分26℃くらいでちょっと暑いかな、いや過ごしやすいかなというくらいの感じ。

妙に今日は小鉄が途中からリードを引っ張って歩いていて、小鉄よちゃんと歩けと時々言ってはいたものの、ぜぇぜぇ言いながら歩き、まぁでもこんなもんかな、初めて来たところだから好奇心が凄いことになってんのかねと話しながら歩いていたんだけど、じゃあもうちょっと行ってみようかと日陰をすたすたと歩いていたら、小鉄が急に僕の前を歩き始めてその後だんだん腰が低くなり、そしてふらふらとなっていきなり道路の真ん中でぱたりと倒れた。

僕はすぐに無言で小鉄を抱きかかえ、嫁も 「え」 と言ってどう見ても動揺している顔。
道路の反対側に自動販売機があったので、「とりあえず、冷たい水」 と言い、道路を渡ってミネラルウォーターを買い、僕が手を器代わりにして小鉄の口に近づけたら、がぶがぶがぶがぶがぶがぶ、へっへっへっへっ、がぶがぶがぶがぶと飲み、3回くらいおかわりをして、はい美味しかったです、みたいな顔をした。

「うぉーーーーい、小鉄。お前、なまら心配したべやー」 と思いっきり北海道弁が出て、ひとまず歩けるかをチェックしてみたら普通にすたすたと歩くので、こりゃやばかったのかどうなのかもよくわからんということになった。
でも動物だからあまり弱いところを見せないようにしているかもしれんし、大事をとってこのまま抱っこして帰ろうかとそのまま抱っこして歩き、その間小鉄は可愛い顔して空を見ていました。

今は全然元気で、またいつものように外をじーっと見ているんだけど、ちょっとのタイミングだったり何かのきっかけで熱中症になっちゃうこともあると思うので、動物と生活されている方はちょいと気をつけてあげください。

あぁ、怖いわ。

次の天気の良い日は、小鉄用のプールに水を入れてばしゃばしゃ遊ぶべし。

---------------------------------------------—
↓明日は涼しいみたい。来週からは暑いっぽいぜよー
フィルムカメラ ブログ
(※携帯の方はこちらにお願いします)

もしもシリーズ

$フィルムカメラで嫁を撮る-もしもシリーズ

「もしも小鉄の毛が、ストレートで長かったら」 をテーマにした写真。

上目遣いで、「おれで遊ぶのはやめなさい」 とでも言いたげな顔。

昨晩も四国旅行の原稿書き。
現在、ようやく初日分が終わってひとまず42ページで完了。無駄なページもあるかもしれんから、後で削ることもあるだろうし、反対に足りない部分を加筆することもあるんでしょう。
これをひとまず寝かせて、今晩から旅行2日目に突入。

良いものを作りたいなぁという気持ちは、革も本も同じなようで、それは自分にとって嬉しいことです。

---------------------------------------------—
↓7月になったら一気に暑くなるらしい。でも去年、そんなにクーラーを使っていないような、そんな気もするんだけどどうだったっけ?
フィルムカメラ ブログ
(※携帯の方はこちらにお願いします)

好みの変化と恩返し

$フィルムカメラで嫁を撮る-好みの変化

小鉄が我が家に来てくれたとき、「毛が黒いから写真に上手く写せるかなぁ」 とちょっと不安に思っていた部分もあったんだけど、このところはそれとは逆に 「小鉄の毛が黒いおかげで、写真にポイントが出来てとても助かる」 という考え方になった。

色白の嫁と真っ黒の小鉄。

彼らがそこらをふわふわと散歩してくれているだけで、僕としてはとてもきっかけが掴みやすく、ついついシャッターを切る回数が増えていきます。

昨晩、久々に富山に居た頃にお世話になっていた某会社の社長さんに近況のメールをしたら、昼くらいに電話をもらって久々の近況報告。
一緒に働いていた同僚が独立したってのは知っていたんだけど、色々と上手くいっていたりしているという話を聞いてうれしくなった。

「いつかは独立するんだ」 って決めて僕は20歳の頃からバイトやら正社員やらをやっていたんだけど、その中でもその社長さんの下にいたときに得たものが、最も今の自分の仕事に直接的に影響を受けたので、ドイツのときの社長が昨年に亡くなってしまった今、せめてもの恩返しが出来るのはこの富山にいる僕よりも11歳年上の社長だけなのです。

9月に一度富山に行くので、そのときに元同僚も一緒に飲みに行くことに。
そのときのテーマは 「『自分の近況報告自慢』をしよう」 でした。僕は張り切って 「あぁ、そりゃもう絶対盛り上がりますね」 とうひひとなった。

ちなみにこの社長のところを辞めるときに二人で飲みに行って、「社長、今日は俺におごらせて下さい」 と言ったのが、「今までありがとうございました。これからは一人で頑張ります」 という決意表明になりました。

「おー。うちに来たときは昼飯が買えないからって食パンをストーブで焼いて食ってたお前に、遂におごってもらえるようになったかー」 と喜んでもらえたのが、おらはとても嬉しかったのです。
あんな上機嫌でお金を払ったのって、多分今まで無かったんじゃないだろか。

あぁ、あぁ、やっぱり自分の極貧時代を知ってくれている人ってなんだか良いなぁ。
その頃の同僚も、僕より2つか3つ年上だけど 「うっせー、このハゲめ」 とか言えた仲だったので、また遊びたくなってきた。

おっしおっし、風呂入って寝よ。
あ、それとこのセール期間中にご注文頂いた読者の方々、どうもありがとうございますー。

---------------------------------------------—
↓そういやパソコンで読んでいる方。記事を一気に5つまで読めるようにしました。こっちの方が楽ですね。
フィルムカメラ ブログ
(※携帯の方はこちらにお願いします)

トイプードル

$フィルムカメラで嫁を撮る-トイプードル

先日の四国旅行の際に小鉄を預かってくれたモリシーさんが昨日来て、注文をもらっていたベルトを渡した。
どうにも小鉄のことを気に入ってくれて、旦那さんも何かある度に小鉄のことを思い出しているらしく、「次はいつ旅行に行くの?」 と訊かれた。

まだはっきりとは決まっていないけれど、梅雨明けにはと思っています。でも、旦那さんが日曜休みなんだったら、例えば土曜に迎えに来て頂いて、そのまま一泊させてもらってもうちは大丈夫ですよと答えたら、来週はだめだから再来週出来るかなぁと言っていた。

モリシーさんが帰ったあとの小鉄の寂しそうな声。
なんだかちょっとだけ、よくわからんけれど寂しいようなそんな気持ちにもなった。

写真の携帯をいじっているおばちゃんがこうしてトイプーと一緒に畑を見ていた。奥にいるおばちゃんもトイプーを飼っている近所の人だ。
このとき僕らが散歩の途中に横切ろうとしたら 「あらー、黒い子だ」 と言って撫でてもらった。

そう考えると、先日も嫁と小鉄と倉敷の福田公園という大きな公園を散歩していたときも、二人の女性がとっても笑顔でこっちを見ていて、「触ってもいい?」 と訊かれたのでえぇどうぞどうぞと言ったら、小鉄はまたオケツをブリーンとして尻尾を振り、へっへっへっへっと言っていた。

小鉄は愛想が良いのだ。
男性には多少吠えるけれど、女性には優しい。そういうところはとてもえらい。えらいえらい。

---------------------------------------------—
↓運動をする為のハーフパンツと靴を二人分購入。これで僕らはスポーツ夫婦だ。
フィルムカメラ ブログ
(※携帯の方はこちらにお願いします)

嗚呼、小鉄の可愛さよ

小鉄の可愛さよ

あぁ、やっぱり小鉄は可愛いのぅ。
帰ってきてから一通りテンションが上がって、僕とか嫁の上に飛び乗ったりして、その後風呂に入れてもらってふわふわになってスッキリしたのかわからないけれど、床に寝そべってふがふがしたりしていて、よしよし可愛いのぅと言って僕らは甘やかしました。

本日は日曜日で天気も良く、僕はひとまず定休日という概念を捨てることにしたので本日も仕事仕事。
今日は恐らくシザーケースの日になるのだろうと思います。

それと先日の旅行のおかげでダイエットへの意識が一旦途切れてしまったので、今はそれをまたやり直し。1キロ太って帰ってきたので、これからまた酒と間食をやめて体重を減らそうじゃないですか。
なんだか旅行中、急にハイボールの美味さというものにやられてしまい、ついつい飲んでしまっていたりしたんだけど、このところ酒を飲んだ翌日があまり気持ちの良いものじゃないので、煙草の次に酒もやめてしまおうかとも少し考えたんだけど、まぁそれは今のところは無理せずにひとまずダイエット中は飲まないのでその後に考えようじゃないですかと、そんな感じになっております。

---------------------------------------------—
↓なんだか小鉄がいい子になっている気が。どうした小鉄、嬉しいけれどなんだか違和感。
フィルムカメラ ブログ
(※携帯の方はこちらにお願いします)