視線と体調

f:id:yamadakazufumi:20170907044537j:plain

仮に【自分に何かのキャッチフレーズを付けるとしたら何?】と質問されたら、僕はきっと

「生粋のナイスガイ」

「才能と優しさの共存」

「神様の優秀作」

とかになっちゃうんだろうなぁと思うんだけど(←まぁ聞き流してください)、うちのアイバサンのキャッチフレーズはまず間違い無く【THE・食欲】になるんだろうと思う。

ちょっと隙を見せて油断したりしていると、保存食みたいなものを食い破られていたり、鰹節とかもやられたりしてそれらの食材の保護ってのが普段の生活の中でも結構な時間を取られるくらいに彼はなにかと食い散らかします。

で、上の写真は昨晩飯を食っていたときに、なんか視線を感じるなと思って見上げたら、この顔でずーっと僕の飯を見てました。

もうね、完全に狙ってます。ただのハンターです彼。

 

f:id:yamadakazufumi:20170907051011j:plain

で、先日の話。

10日くらい前になるのかわかんないけど、フランスが暑くてクーラーも無くて扇風機も壊れて眠れない日が結構続き、おかげで抵抗力が落ちたりしてしまったせいで、そこからまた体調を崩したりして悪循環が続き、2日前の喘息の発作がちょっと笑えないレベルになり、これはきついなとお湯を飲んで薬を飲んで、風呂に入ってうがいをしてとやってみたものの症状は良くならず、ちょっと外に出て落ち着かないとやばいなということで、いそいそと服を着替えて外へ。

多分このときは朝の5時くらいで外は静かで、旧市街地をふらふら歩いてどっかの階段に座って呼吸を整えたりしたんだけど、どっかのレストランの人が仕込みか何かで忙しそうにしてたので、あぁ不審者だと思われるのも嫌だなとセーヌ河の方へ移動。

夜中2時とか3時とかは割と人もぽつぽついてうるさいこともあるんだけど、さすがにその時間には人通りも無く、カメラを首から下げた東洋人が一人で歩いていても特に何も起こらずにただ呼吸を整えていたんですが、なんかね、そのフランスの静かな朝ってのをきちんと感じるきっかけになって、そのときに写真のベンチでぼけーっと座っていたら、全然どこで嗅いだかは覚えていないけれど、確実に以前自分が嗅いだことのある凄い懐かしい季節みたいな香りが一気に鼻に入ってきて、なんかちょっとキューンとしてしまった。

 

f:id:yamadakazufumi:20170907051135j:plain

人間っていくつまでキューンと出来るのかな、とちょっと前に考えたことがあったんだけど、いやいや良かった良かった、38でもあのなんとも言えない感情にはなれるんだなと思ったら、あぁ多分このまま爺さんになっても、何かに対してそういう感情を抱いていられるようなそんな気がして、体力的な部分ではどんどん悪くなっていく一方だけど、感情の部分は多分極端に何かが欠落したりすることもなく、その反対に何かのきっかけで急に新たな感情が芽生えたりすることもあるんだろうなとそんなことを考えていたら、呼吸も楽になったので部屋に戻ってまた眠りました。

フランスもやっぱり良い国だなと思う、本当に。

ただやっぱり日本人で、更に北海道出身の人間としては、新鮮な魚が食べたくなるのはもう仕方ないのよねきっと。

英語のアプリ

f:id:yamadakazufumi:20170901234148j:plain

ここ最近、気分転換なんぞをするときにはアプリにどっぷりとハマっていて、それがなんともまぁ英語の学習アプリです。

僕がやっているそのアプリは週間、月間、総合と、そのアプリをどれだけ進めたかのランキングが出まして、基本とても負けず嫌いな僕みたいな人間は「絶対一位取るべし」ということで、寝る前に布団に入ってその英語学習アプリをやっているんですが、昨日週間ランキングで堂々の一位に輝きました笑

おかげで以前よりは英語の基礎を学ぶことが出来たような気がして、なんとか来年からは英語である程度の意思の疎通が出来れば良いなと思ってますが、どうせならがっつりやりたくなってきてるからこれ困ったもんです。

そんで多分随分前に書いたけど、「趣味を何にするか」についてだけど、うん、どうにか英語を趣味に出来たら良いなぁと思い始めてます。

いや、「英語」じゃなくて、「語学」って言った方が「え、この猫アレルギーの猫おじさん、もしかして賢いんじゃないの?」って思われるかなと思ったけど、賢くないことがすぐにバレて恥をかくのが見え見えなので、「なんとなーく英語かなぁ」っていう風に言えるように頑張ろ。

いやいや、趣味ってのは頑張るものじゃないんよね。
今の僕のこの英語へのモチベーションは多分、「ランキング一位から陥落したくない」という学習意欲じゃないものが主たる根源になっているんだけど、もう少し英語がわかるようになってきて、ディケンズとかオースターとか、カズオイシグロとかコンラッドとかの小説を原文で普通に読めるようになったら楽しいんだろうなぁっていう方向へと向かっていってくれたらこれ幸いと思っておるんでごわす。

えーとちなみに、僕の英語力がどれくらいかと言うと、昨日「have to~」が「~しなければいけない」ってことってのを覚えたくらいです。

そんなの “must” だけだと思ってたので、もう本当に ” BIKKURI “でしたわ( ” ” ←これを使う時点で、英語喋れる人っぽく見える気がするから、最近動作でも使ってる笑)

えぇ、低いです。低いですよ僕の英語力。

ここからアプリでどれだけ英語力が上がるものなのかを、ちょっと自分で試してみようと思っています。

そうそうそれとそのアプリは他の言語も学べるようになってて、そういやオランダ語も出来るのかなと思って触ってたら、オランダ語の例文が出てきたので数分だけやってみたんだけど、文字としてみるとちょっとそうでもないのかなと思ってたんだけど、リスニングの場面になると、やっぱりかなりドイツ語に近いんだなぁと思いまして、特にオランダ語を頑張って勉強しようとは思ってないけど、割とそのハードルは低いのかなとちょっと思いましたわ。

あ、そうだそうだ。
ブログには書いてなかったけど、髪を切りました。ばっさりと。
切る前に測ってみたら40cmくらい髪があったんだけど、今は多分長いところで4センチとかそんなもんかね。

ハサミをわざわざ買うのもめんどいのでクラフトばさみでがしがしと切ってみたんですが、さすがクラフトばさみ。髪の毛だってクラフトしてくれましたよ、サンクス “CB” (←クラフトばさみね)

ここ最近、もう一つの日課じゃないけれど、日課になりつつある行事の一つが「近くのBarでビールを一杯飲んで帰る」ってのが勝手に流行っています。

Barの店主も顔を覚えてくれて、顔を出せばビールを出してくれるようになり、フランス語全然わからんけど、色々と親切にしてくれるのでこの習慣は続けたいなと思ってます。

 

 

フランス、一気に寒くなってきて、アイバサンが抱っこしろとうるさい。

まぁそれはそれで可愛いんだけど。

髪を切る日が近づいてきたのか

f:id:yamadakazufumi:20170830040441j:plain

フランスのケバブが美味い。
ドイツに居た頃もよくケバブを食べに行っていたんだけど、フランスに来てからたまには食べに行ってみるかと思って特に期待せずに食べたんだけど、いやもうどこの店のを食べても非常に美味い。

これ、なんでだろうと思ってみたら、まず第一にこの生地が美味いんだろね。
つまりパンが美味い。

そしてこれはフランスの食文化のとても良いところだと思うんだけど、ケバブ屋の店主の人は「ソースはどうする?」と訊いてくれるんだけど、最初はどうせ他の外国と同じようにソースをたっぷりとかけられて、ソースの味しかしないようなものは食べたくないわぁと「ソース抜きの塩だけで」って答えていたんだけど、僕が行ったケバブ屋は今のところソースは別の容器に入れて出してくれるので、自分の裁量でソースをかけることが出来るってのがとても素晴らしいなぁと思うわけです。

当たり前と言えば当たり前だけど、ソースでその食べ物は生きたり死んだりすると思うんだけど、ソースの味云々よりもソースの量でがっかりしてしまうということがフランスには無いので、さすが美食の国だなーってこういうところでその国の食文化に触れられるんだなと思いました。

 

で、髪を伸ばしてからどれくらいだろ?
もう多分3年くらい髪を切ってないと思うんだけど、毎日髪をゴムで縛っていて先日気付いたんだけど、「あれ? 生え際が薄くなってない?」って疑念が拭えません。

昼間はそう思わないんだけど、夜に自宅に居て照明が当たっているのを鏡で見ると、なんかちょっと来ているようなそんな気がしてきまして、こりゃいよいよ髪を切る日が近づいたんじゃないのかなと思った次第です。

本日もリヨンは暑いです。35℃だっけ?

で、明日はちょっと涼しくなって最高が32℃。

一昨日まで扇風機無しだったので全然眠れず、このところ寝不足でまた不整脈とかが出ていたんだけど、扇風機を導入した昨日は22時に眠り10時間くらい寝たのでかなりすっきり。

で、明日もそれなりに暑いんだけど、明後日からは最高気温が20℃前後になります。
極端。極端すぎるぞリヨンちゃん。

でもようやく涼しくなってくれて、これで過ごしやすくなり、この暑い暑いと言っている毎日から解放されるかと思うと、ウェルカム秋。早く来い来い、秋よ来いってのが僕の中の合言葉になっています。

このところブログの更新が滞っているのは、暑くて写真を撮る気が薄くなってしまっているからなんでしょうきっと。

秋のヨーロッパはきっとキレイで、また写真撮るぞーって張り切る毎日になるのを期待して、この暑い中、体べたべたでクリッククリック。

癒し

f:id:yamadakazufumi:20170826012421j:plain

アイバサンはご飯の時間になるとどこからかささささと寄ってきて人の足元に立ち、「にゃあ」とだけ言います。

そんで「なに?」と訊いたら、今度は少しだけ目を丸くして、また「にゃあ」と鳴く。

腹時計は完全にフランス仕様になり、朝8時と夕方6時には必ずその日課をこなします。

ご飯を食べ終えると高いところにぴょんぴょんと飛び乗って上から人間の動きを眺め、ある程度それに飽きるとこうして高いところで横になります。

それが彼の日常。

 

夕方。外が少し騒がしい中で、彼なりのペースで前足の肉球をぺろぺろと舐め、次に肩、腕、背中と綺麗にしていく様をじーっと見てるのは、なんだか特上の癒しをもらえたりしちゃいます。

高かった。ピントが甘い

f:id:yamadakazufumi:20170824183918j:plain

昨日、le puy-en-velayって街に行こうと思って駅まで行ったんだけど、交通費が予想以上に高額でチケットを買う機械の前でしばしぼけーっとしてしまい、結局「これ行ったらランチ3回食えるな…」とまさかのメシの魅力に勝てず、結局駅を後にしました。

で、どうすっかなと迷った結果、前回も行った無料の動物園がある公園へと向かいました。

 

うーん、どうにもこのコンデジのピントが甘いのよね。
あまりそういうの気にしない方なんだけど、さすがにここまで緩いとさ、ちょっと色々と支障が出てくるなと思ってしまって、日本帰ったときに一度修理に出してみようかなと思ってます。

 

f:id:yamadakazufumi:20170824205417j:plain

ね? 甘いのよ。

 

f:id:yamadakazufumi:20170824205426j:plain

昨晩はどういうわけだか全然眠れず、寝返りを打ったりなんやかんやして、結局もういいやと夜中に起きてうどんを食べて酒を飲んだりしていました。

アイバサンは高いところに行きたがり、いろんなところをぴょんぴょんとかけ上げりながらどうやら気に入ったっぽい棚の上ですやすやと眠り、可愛いなぁ可愛いなぁと頭を小指で撫でていたらみゃーんと小さく鳴いて目を覚まし、僕の指を軽く甘噛みして喉を鳴らしていました。

このところ僕は毎日英語の勉強。

中途半端にドイツ語を覚えてしまったので、英語はしっかり基礎からやらなきゃと思ってやっているんだけど、そっか、そういうことかという基礎の基礎が全然わかっていなかったってことがわかり、それはそれで収穫でしたわ。

良かった良かった、テキスト買っといて。

 

そんで来月一時帰国することになりました。

チケットは購入済みなんだけど、日本にはいろんなルートがあるんだけど、今回は初の北欧経由で帰ります。

ただ、ジュネーブから乗り継ぐと日本へのルートは安くなることがわかり、次にチケット買うときはジュネーブ経由で行き来するのが良さそうっすね。