プリントアウトした方がわかりやすい

フィルムで撮った写真を使った本、格好良く言えば第一稿が完成。
本編を書くのはもちろん、「はじめに」と「おわりに」を書くのがなんだか凄く好きで、そこはひとまず簡単にアウトラインだけを書いて放置をして、本編の方はこれからまた書き足したり消したりしていくんだろうけど、個人的には頑張って書けてるんじゃないかなと思います。
あー、やっぱり本を書くのって面白い。
本当は以前出した本も再販したいんだけど、まぁその、ご存知の方はご存知かと思いますが、それを再販するのは色々と問題があるので、それはデータとして僕のパソコンにずっと寝かせておくことになるんだろうと思います。
そんで電子書籍という形でのリリースとなるわけですが、自動的にPDFとしても吐き出してくれるのでそれをプリントアウトして昨晩推敲していたんだけど、やっぱり紙の方が良いなと。
どうしてもディスプレイから見るだけの情報だと、変に感情が入ると言えば良いのか、第三者的な目で見れないなというのを実感しまして、第二稿が終わってもまたプリントアウトしてから黙々と赤ペンを使って作業していくんだろうなと思います。
最近のルーティンは、朝7時半くらいに起きてコーヒーを入れ、ちょっと本を読みながら部屋を暖め、風呂に入って体にクリームを塗るんだけど、そのクリームってのが先日病院でもらったものなんだけど、いやもう、めちゃめちゃ効いててほぼ完治まで来ました。
ただ一つだけ問題があるとしたら、鏡を見ながらその薬を塗っていくんだけど、なんせ体が固いので背中とかに塗るのが大変なんです。
僕が女性だったら、絶対ブラとか出来ないもん。
で、そうやって背中とか腹とかに薬を塗っていくと、稀に、本当に稀になんだけど、朝のおかしなテンションが乗っかっちゃって、クリームを両手で高速で塗り始めてから、「パチパチパンチやーー!!」って小声で言っちゃうことあります。
そんなことってありますよね?
無いの?
ふん、つまんない人ね。

革製品の店 アリノハネ (arinohane)

北海道美唄市にある靴職人の店、アリノハネのホームページです。 革製品や靴のオーダーメイドなど、色々お受けしています。