姉、弟

そういや姉一家の家が割と近いところにあるよなと思い、昼過ぎに電話をした。
「はいはいどしたのー?」と姉が電話に出たので、なぜかわからないけどちょっとイジッてみるかなと思い、「え?なに? いやそっちこそどしたの?」と訊いてみたら、「え? え?」みたいになったので、わははと笑った。
姉は一応隣町に住んでいて、姉夫婦に二人の娘がいるんだけど、その子らとなぜか強制的にLINEで繋がることになり、時々姪っ子二人からLINEがきます。
「かずおじさん こんばんは」とか。
そこで僕が「はいこんばんは。どしたの?」って返信をすると、「は?よるだからこんばんはでしょ。おじさん、おとななのにしらないの?」という、とっても素敵な返信が来て、僕はただただ無表情でiPhoneの画面をじっと見つめるだけってことを割としてます。
で、姉に「そっちの住所教えてよ。何かで近くに行くことあれば寄らせてもらうかもしれんからさ」と言って教えてもらったんだけど、姉たちが住んでいる家はマンションか何かで、そのマンションの名前には、とある英語が入っています。
でもその英単語ってさ、割とメジャーだよね?っていう単語で、例えるならば「山田マウンテン」みたいなマンション名。
で、僕がそのマンション名を聞いてメモしながら、「マウンテン? え、なに。その建物って山の中にあるの?」と本当に純粋な疑問として訊いたら、「え? なんで?」と訊いてくるわけです。
「いやだってさ。マウンテンって言ったら【山】じゃん」って答えたら、「へーそうなんだ、知らんかった」とさらっと言うので、僕はちょっとびっくりして、「ちょっとあんた、マウンテンの意味も知らんの?」って訊いたら、「日本人だし」とすっぱりと即答され、「あぁまぁそうだけど。でも俺だったら自分が住んでるマンションの名前とか気になるけどなぁ」と一応言ってみたら、「へぇー。それで昨日なんだけどさ…」と話はあっという間に流されて、うわー、この姉すげーとなんか変なところで感心したりしました。
いやでもそうか。そんなものなんかな。
いやいや、俺なら絶対調べるけどな、ってのが未だに消えないんだけど、その辺考えてるとややこしくなるからやめとこ。
それよりも咄嗟に浮かんだマンション名が「山田マウンテン」て笑
俺よ、他に何か良いの浮かばんかったんか。

革製品の店 アリノハネ (arinohane)

北海道美唄市にある靴職人の店、アリノハネのホームページです。 革製品や靴のオーダーメイドなど、色々お受けしています。