美唄の空き家状況と、斜めになってる家々。シングルマザーのブログ

美唄には空き家がいっぱいある。
僕も当初は美唄の一戸建てを借りるつもりだったんだけど、築40年とかになるとそりゃもう部屋がとにかく寒いし、あまり書くとあれだけど、「これはちょっとまずいものがあるな」ってのとか、建物自体が雪の重さとかでなのか斜めになってしまったりして、全ての扉が開けづらかったりだったので、結局リフォーム済みのワンルームに引越してきた。
ただ、これって本当は凄くいろんな可能性を秘めてるのになぁって思うんだけど、多くの人にとってその空き物件って「ただの取り壊す前の建物」に見えてしまっているんだろうけど、自分だったらこうしたいな、あぁしたいなってのを考えてみたりするのが割と好きでござんす。
(↑昨日、使うのを忘れてたストウブさんのパン)
そういやシングルマザーの友人に先日ちょっと用あって連絡してみたら、「そういえば私、ブログ始めたよ。なんかよくわかんないけど」と言うので、僕もブログのURLを送ったら、「あ、はてなブログなんだ? 私もだけど」と返信が来て、URL教えてもらって僕は読者になったんだけど、あの子昔から写真のセンスあるよなぁって思ってはいたものの、ブログ読んでたら文章能力高いなと思って、このブログの最初の記事だったと思うけど、僕は女性作家だったら川上未映子が好きなんだけど、その雰囲気ある文体だなと思いまして「あれなの?川上未映子好きなの?」って訊いたら「誰それ?」と言われた。
「あぁ、じゃあ読まない方が良いわ。多分そっちに引っ張られるから、そのまま書いたら面白そうね」と返したんだけど、個人的にこういう文章の書き方をする人って好きです。
なんかあれよね、特に何でもない日常の一部をすちゃっと切り取って、なんでそういう見方をしてんのあなたは笑 っていう感じのブログって面白いっすよね。
今日の美唄は曇り空。
仕事しよ。
あ、そうだ。
あれ? こっちに書いたかどうかもう忘れたけど、うちの店のトップページでも毎日短めの日記書いています。もしよろしければ時々見てやってください。
個人的には大手新聞社の一面とかにある小さい枠のあの記事あるじゃない(読売新聞なら「編集手帳」、朝日新聞なら「天声人語」みたいに)、それみたいなものが好きなので勝手に目指しているけど、そんな文才も知識量も無いので、ただのおっさんの短い日記でおます。

革製品の店 アリノハネ (arinohane)

北海道美唄市にある靴職人の店、アリノハネのホームページです。 革製品や靴のオーダーメイドなど、色々お受けしています。